死亡事故に強い弁護士事務所の特徴について

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

死亡事故

死亡事故に強い弁護士の見分け方はありますか?

死亡事故1

死亡事故は深刻な交通事故案件です。
法的な知識を持つ弁護士が味方になってくれることで、各種手続きの手間がなくなり、相手との交渉も全て対応してくれます。
さらに、裁判所基準で慰謝料を請求しての増額にも期待できます。
死亡事故の場合は、弁護士に依頼するのが当たり前といっても過言ではありません。

ここで問題となるのは、どの弁護士事務所を選択するかです。
絶対条件になるのは、死亡事故の実績が豊富で死亡事故に強い弁護士であるかどうかです。
在籍している弁護士が数年に1件ほどしか死亡事故を受任しないのでは、死亡事故に強い弁護士ではないと判断して当然です。
毎年多数の死亡事故案件を受任していることが、損害賠償金の大幅な増額に期待できる理由になります。

また、交通事故専門の弁護士事務所であるかどうかも重要視すべき点です。
豊富な実績があるとともに、損害賠償金の増額を果たしているかどうかの理由にもなります。
それぞれの弁護士事務所では得意分野があり、死亡事故に該当しているかどうかを考慮すべきです。

明確な料金体系と医学的知識と工学的知識

いくら死亡事故の対応に強い弁護士事務所であっても、料金体系が明確ではないのなら、選択するのは難しくなってしまいます。
最も分かりやすい形となるのは、完全成功報酬制です。
出張相談、着手金、法律相談料に一切お金がかかりません。
さらには、刑事裁判の被害者参加や賠償額診断サービスの実施なども0円となります。
確実に報酬金を支払っても、手取りは大幅に増額する仕組みが確立されているのが望ましいです。

また、医学的知識と工学的知識を備えているかどうかも注目点になります。
交通事故の法的知識だけではなく、医学的知識や工学的知識を備えていることで、全ての場面で適正な方法を選択できるようになります。

ご家族が死亡事故に遭った場合に、葬儀費用を立て替えて支払うのか、刑事事件の被害者参加をすべきかといった様々な問題に直面します。
いち早く死亡事故の対応に強い弁護士に相談して対処すべきであるものの、どの弁護士事務所を選択すればよいかに迷ってしまう方も少なくありません。
一概にどの弁護士事務所を選択するのがよいとは断言できないものの、少なくとも選択するうえにおいてのポイントはいくつかあるのは理解できるはずです。

弁護士事務所選びひとつで損害賠償額に数千万円の違いが生じることもあるため、慎重かつ適切な選択をすべきです。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME死亡事故