死亡事故の弁護士費用の相場はどのくらい?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

死亡事故

死亡事故となり依頼した場合の弁護士費用、その内訳について

死亡事故4

身内が交通死亡事故に遭い、弁護士に相談したいと思っても、「弁護士費用を捻出できないから」と躊躇する方は少なくないと思います。
弁護士費用とは、依頼者が弁護士に対して支払う「弁護士報酬」と、「必要経費」とを合算したものです。
弁護士報酬は2004年から自由化されていて、弁護士が自由に料金を設定できます。
より詳しく見てみると、着手金、報酬金、手数料、法律相談料、日当、鑑定料、顧問料といった項目に分かれます。

必要経費とは、裁判手続きなど弁護活動全般に必要な諸経費であり、収入印紙代や交通費、通信費、コピー代、保証金や供託金などが該当します。
依頼内容によって金額は様々ですが、意外に費用がかさむこともあり注意が必要です。
必要経費は実際に弁護士が依頼人に代わり立替えた費用ですが、弁護士報酬は弁護士が独自に決めるものなので、一般人には目的が分かりにくい傾向があります。

まず着手金は弁護活動を開始するのに必要な資金です。
法律相談料もしくは相談料は、言葉の通り法律相談を行った時間に対する料金で、弁護士により、例えば30分5,000円(税別)というように決められています。
これらは明示されているので、予想外の金額になることはなく、いずれも弁護活動の結果に左右されない費用で、返金されることはありません。

着手金・相談料無料を謳うところも

弁護士費用が高いという印象を与えるのは、「報酬金」の存在のためではないでしょうか。
報酬金は弁護活動の結果に比例して増減し、例えば死亡事故の被害者からの依頼で損害賠償金を増額できればそれだけ報酬金は増え、損害賠償金が少なくなれば報酬金の支払いは減ります。
報酬金をどのように算出するのかは、依頼前に確認しておきます。

近年では任意保険による弁護士費用特約の利用者増加の影響もあって弁護依頼件数が増えたり、弁護士同士の依頼者獲得競争の結果、「着手金・相談料ゼロ(無料)」を謳うところが増えています。
この場合、先に挙げた着手金と相談料は報酬に含まれません。

報酬金の設定を見てみると、「報酬20万円+回収額・・・交通死亡事故で言えば損害賠償金額の10%」といった内容になっており、依頼したほうが得かどうかの判断材料となります。
報酬の計算方法やどの費用を含めるかなど、金額設定は弁護士によって異なるので、個別に確認する必要があります。
複数の弁護士にいったん相談し、費用を比較すると分かりやすいかもしれません。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME死亡事故