死亡事故時の保険会社への対応

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

死亡事故

死亡事故時の保険会社への対応の仕方

死亡事故5

交通死亡事故が起こった場合、加害者側の保険会社から四十九日を過ぎたころに連絡があるのですが、「連絡が遅くて、誠意が感じられない。」と言われる遺族の方もいます。
しかし、「亡くなってから四十九日の法要までは忌中」という考えから、それ以前に連絡をするのを差し控えている側面もあるため、死亡事故から2カ月ほどを目安として待たれるのが良いでしょう。

損害保険会社から連絡があった際に、「突然の死亡事故でまだ気持ちの整理がついておらず、冷静に話すことができない。」「体調を崩してしまい、今は示談交渉出来ない。」と言う場合には、担当名と連絡先を聞いて、改めてこちらから連絡すると伝えればOKです。

損害保険会社にとって交通事故の示談交渉は業務の一環でしかないため、死亡事故の遺族からすると、「話し方が事務的過ぎて、悲しくなった。」、「大事な息子の命を簡単に金に計算した。」と、傷ついたり怒りを覚えたりすることもあります。

しかし、損害保険会社としても補償金額でしか誠意を見せることはできず、なにより冷静に話をしなければ示談交渉が出来ないのでやむをえない面もあるため、交通事故の遺族側も勤めて冷静に話し合いをする必要があります。

示談交渉に限界を感じたら弁護士に依頼を

しかし、損害保険会社との交渉を冷静にと行える死亡事故の遺族の方は少ないと思います。

何気ない一言に傷ついたり、事実と違うことを言われ怒りを覚えたり、家族の命をお金で解決することへの虚脱感など、これらの感情を抱えたまま交渉を冷静に行うのは困難と言うのが実情です。
これは損害保険会社の担当が誠実で良い人であってもぬぐえない感情でしょうし、反対に対応が悪い担当であればさらにその感情を募らせることとなると思います。

自分では冷静に損害保険会社の担当と話が出来ないと思った時には、信頼のできる親類に同席してもらい示談交渉をしてもらうことをお勧めします。
親の死亡事故で娘が、妻の死亡事故で夫が示談交渉する場合などには、近しい関係であるが故に冷静でいられないこともあるので、叔父や叔母、兄弟など亡くなった方とワンクッションある親類を頼るのも良いでしょう。

しかし、相談できる親戚が身近にいない場合や、何度も示談交渉に付き合ってもらえない場合にはどうしたらいいのかと言うと、弁護士に示談交渉を依頼した方が良いです。
親類に何度も頼む煩わしさもなく、しかも交通事故の示談に関して知識があるためスムーズに交渉が進みます。
また、弁護士が損害保険会社と直接交渉するので、交通事故担当の対応や言動に傷つくこともありません。

他にも遺族側の要求をすべて汲み取って、弁護士の立場から「死亡事故の保証金は○○円が相場ですが、××の補償請求をするのは難しいです。ですが、△△に対する補償請求はできますので、追加して請求しましょう。」と適切な補償内容と補償金のアドバイスがもらえるため、早期の段階で弁護士に依頼することも視野に入れておいた方が良いでしょう。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME死亡事故