音楽を流すことで遷延性意識障害患者のリハビリになる?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

遷延性意識障害

遷延性意識障害の治療で音楽が取り入れられている理由とは

6月遷延性意識障害

病気でこん睡状態となった際に、患者に声をかけて訴えかけるという事が多々あります。
『視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚』の五感と言われるものは、脳の原始的な部分に直結しているため、刺激を受けると脳の活性化が促されます。
特に聴覚は五感の中でも、こん睡状態に陥った際でも最後まで脳が感じ取ると言われています。

そのため、遷延性意識障害の治療やリハビリでも、声掛けや音楽療法を取り入れていることが多くあります。
「おはよう」や「おやすみ」などのあいさつだけでなく、語りかけたりすることもよいとされており、遷延性意識障害患者に患者家族が日常的に声掛けすることは、医学的な完治から推奨されています。
音楽療法では、患者が好きな歌手や音楽ジャンルの曲をかけるというものもあります。

遷延性意識障害患者が意思の疎通ができるまで回復した際に、「体が動かなくて、まぶたも開けられなかったけど、母親や看護師の声が聞こえて、自分の好きなアーティストの曲を流してくれていたのは覚えている。」というケースが多々あるため、人の声や音楽療法に有効性が認められるのは間違いないと言えるでしょう。

聞きなれない音にもチャレンジ

家族による声掛けや音楽療法が有効であるのは理解できたかと思いますが、やってしまいがちなのが『同じ音楽をかけたりと、変化がない』という事です。
もちろん、聞きなれた家族の声や音楽が遷延性意識障害患者にとって心地よいものだと思いますが、聞きなれてしまうと変化に乏しいとも言えます。

ある遷延性意識障害患者のケースでは、家族や医師などの医療関係者からの呼び掛けにはまったく無反応であったが、見舞いに来た10年ぶりにあった従兄弟からの問いかけに反応して、発語するようになったというものがあります。
また別のケースでは、たまたま入院している病院の近くで工事があり、日中はかなりの騒音があったところ、不明瞭ながら「うるさい」とつぶやいたという事があります。
音楽療法では、たまたまラジオから流れた音楽に反応したのだが、患者の好みの音楽からかけ離れていた曲であったため家族が不思議に思っていたが、学生時の体育祭のダンスに使われていた曲で何度もその曲に合わせて練習していたため、反応したというものもあります。

もしできることならば、昔に交流があった親類や友人に来ていただいて声掛けしてもらうのも、遷延性意識障害の患者にとっては良い刺激になると思われます。
また音楽も『初めてのデートで流れていた曲』、『大好きな映画で使われていた音楽』、『好きな芸能人が出ていたCMに使われていた曲』など、患者自身にしかわからないエピソードがある音楽があるかもしれないので、CDだけでなくラジオなどでノンジャンルで音楽を流すようにするとよいかもしれません。

音楽療法を積極的に取り入れている医療機関では、細やかなアドバイスを医療関係者からされたりするのですが、遷延性意識障害患者に対しての理解が浅い医療機関では、反対に音楽療法を行おうとしても、「同室の患者に迷惑なので」などと反対されるケースもあります。
転院する際に音楽療法を取り入れている医療機関を選ぶとよいのですが、情報が無かったり、あったとしても保険会社が別の医療機関を勧めてきたりするケースがあります。
交通事故による遷延性意識障害に精通している弁護士ならば、音楽療法を取り入れている医療機関を複数把握していたり、保険会社に対して診療の自由権利を主張することで転院をスムーズに行えたりするので、弁護士に相談をしてみてもよいと思います。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME遷延性意識障害