遷延性意識障害の小型介護用品

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

遷延性意識障害

遷延性意識障害の介護用品 小型用品編

遷延性意識障害8

介護ベッドなど大型の介護用品は、一度購入やレンタルをすると変えることは早々ないのですが、日常で使われる細かな介護用品は様々あり、「どんなものが必要なの?」「どういった基準で選べばいいの?」と悩まれる方もいます。

特に、交通事故などで遷延性意識障害となった患者に、「使いごこちはどう?」「もう少し大きい方がいい?」と使用の感想が聞けるわけではないので、日々暗中模索の状態とおっしゃる方もいます。

ここでは日常的に使う介護用品について、一部紹介していきたいと思います。

介護用品の紹介

・紙おむつ
紙おむつに関しては、パンツタイプではなくテープ式の方が交換をしやすいです。
介護用品の各会社から発売されていますが、肌触りやウエストの大きさ、足回りの大きさなどが違うため、患者の肌荒れやかぶれが起きず、尿もれしないようにジャストフィットするものを選ぶようにしましょう。
しかし、交通事故などで腰回りに傷を負い、紙おむつが当たる位置にある場合には、傷の治癒を優先して一回り大きなサイズにした方が良いこともあります。

ほとんどの場合で2~3枚入りのお試し用パックが販売されているので、そちらを購入して試してもよいですし、介護用品の会社によっては無料サンプルをプレゼントしてくれるところもあるので、ネットでチェックしてみるのもよいでしょう。

・口内ケアグッズ
交通事故などで遷延性意識障害となると、栄養補給はもっぱら胃瘻かチューブによる胃への注入になります。
そのため口を使うことがなくなり、唾液の分泌が十分でなくなる事があります。

唾液は口の中を潤し、食べ物を飲み込みやすくするだけでなく、細菌の繁殖を抑える役目があります。
もし、唾液が少なくなると風邪や肺炎などの感染症にかかりやすくなるため、食事をしなくても口内ケアは毎日する必要があります。
口内洗浄用のウエットティッシュや、スポンジ状の洗浄棒、うがい不要の口内洗浄液、うがい受けを揃えておくと良いでしょう。

・清拭シート・ドライシャンプー
交通事故で遷延性意識障害となり一見して眠っているように見えても、生きているので汗をかきますし、新陳代謝で皮脂や垢も出ます。
週に1回でも入浴介護ができればよいのですが、家に入浴設備がなかったり、夏に汗を大量に書いたりした場合、あせもや肌荒れを防ぐ意味でも皮膚を清潔に保つ介護用品を利用した方が良いです。

アルコールフリーの体や顔用の清拭シートや、水が不要なドライシャンプーなどで、体や髪を洗浄することができます。
特に交通事故による遷延性意識障害の患者は若年の方も多く、そういった方は新陳代謝も活発なため、こまめに洗体をした方が良いです。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME遷延性意識障害