遷延性意識障害患者にも、口腔ケアが必要?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

遷延性意識障害

遷延性意識障害患者の口内洗浄が必要な理由とは

遷延性4

遷延性意識障害患者の栄養摂取は、患者の意識がないことが多いため、口腔や鼻腔からのチューブによる栄養摂取か、胃ろうによる栄養摂取が中心となります。
それゆえに、「口で食べ物を噛んで食べる」「口に飲み物を含んで飲む」という行為がないため、遷延性意識障害患者のご家族の中には、医師から「口の中の洗浄を毎日してください」と言われて、「物を食べていないので、歯を磨く必要もないのでは?」とびっくりされる方もいます。

毎日、正しい歯磨きをしているきれいな口の中にでも細菌は1000億匹ほど生存し、歯を全く磨かない人になると1兆匹にもなります。
これほどの多くの細菌がいるにもかかわらず、なぜすぐに病気にならないのかというと、口内で分泌される唾液が細菌を押し流し、胃の中の強酸で死滅させたり、免疫システムで細菌をやっつけているからです。

唾液が出ることが、口の中を清潔に保つ秘密なのはわかってもらえたかと思いますが、その唾液が一番出るのは、食事、つまり物を噛んでいる時になります。
しかし、遷延性意識障害患者は噛むという行為ができず、唾液が不足がちとなるため、毎日の口の中の洗浄が必要となるのです。

口の中のカビにも注意

もし、遷延性意識障害患者の口の中の洗浄を怠ると、口内細菌が増殖し、歯周病や心筋梗塞などのリスクが高まると言われています。

ですが、それ以上に発症しやすいのが、「口内のカビ」になります。
「いくらなんでも口の中にカビなんて」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実は口の中には常在菌のカンジダ菌というカビ菌がいます。

カンジダ菌は健康な人の口の中にもあり、遷延性意識障害患者でなくても口の中にカビが生えることがあります。
普通カンジダ菌は唾液や歯磨きにより増殖しないため、口の中にはいるがカビになるまで成長しません。

しかし、歯磨きを怠ったり唾液が不足したりすると、カンジダ菌は爆発的に増えて舌の上を中心に白いカビとなって現れます。
さらに厄介なのが、カンジダ菌は唾液が少なくなると粘膜に張り付きやすくなるため、ほとんどが粘膜で構成されている口の中はカンジダ菌の温床となってしまいます。

カンジダ菌が増殖すると口臭が強くなったり、口の中が腫れたり、ただれたりするだけでなく、インフルエンザや肺炎などの細菌の2次感染も懸念されます。

遷延性意識障害患者の口腔ケアは、健康に直結するため、重要な介護であると言えます。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME遷延性意識障害