遷延性意識障害のリハビリとはどのようなもの?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

遷延性意識障害

遷延性意識障害のリハビリの種類について

遷延性4

遷延性意識障害でリハビリと言うと、「え?呼びかけにも答えないで寝てるような状態なのに、リハビリなんて意味があるの?」と言う方もいます。
それは大きな勘違いです。

遷延性意識障害の患者家族で長年お世話をしている人ならば、交通事故などで入院した病院の医師や看護師からリハビリを勧められた経験があるでしょうし、自宅介護をしている人ならば、日常のケアと併せてリハビリを行っています。

また、遷延性意識障害専門の医療施設でも、治療プログラムに加えリハビリプログラムを併用することにより、遷延性意識障害のレベルの改善に大きく貢献しています。
リハビリは地道なものが多く、行ってすぐに効果が目に見えて現れるわけではないので、「遷延性意識障害の患者にリハビリなんて意味はない。」と言われますが、誤った認識なのです。

自宅でも出来るリハビリ

リハビリと聞くと大掛かりな施設や設備が必要かと思いがちですが、実際には家にあるものや道具すらいらないものもあります。

遷延性意識障害のリハビリで一番有名なのが、「音楽療法」です。
病院などではクラシックや自然音のヒーリング音楽が使われますが、自宅療養の時には遷延性意識障害の患者が好きだった音楽をかけることもあります。
ある遷延性意識障害の患者は、会社に行く前に決まったニュース番組を見るのが習慣であったので毎日つけていたところ、オープニングの音楽が流れるとまぶたを開くようになったということもあります。

他には「アロマ療法」があります。
香りと言うのは、脳の中でも一番原始的な部分により感じており、いわゆる「本能」に直結しています。
健常者でも同じで、たとえば「土が雨に濡れた香り」を嗅いだ時に、それに連動して小学校の校庭を思いだし小学校の記憶がよみがえるというのも、そのような脳の作用によるものです。
そのため、アロマオイル以外に、患者が好きであった香水やタバコ、好物の料理やお菓子などを嗅がせたり、口に少量含ませたりします。

「温冷交代」というリハビリ方法もあります。
温めるのと冷やすのを交互、もしくは片方だけ行い刺激を与えるリハビリで、足や手を交互に温め冷やすほかに、口に氷を含ませたり、火傷をしない50℃くらいのお湯(お茶やコーヒーなど)をスプーンで飲ませたりします。

リハビリのために、ハンモックを使っている人もいます。
普段は固定したベッドの上に寝ていますが、ハンモックですと程よい揺れと体を包み込むような感覚が、日常ではない刺激とバランスを与えると考えられます。
高さも危険が少ない床上20㎝ぐらいのものや、室内用に折りたためるものもあり、意外に手軽に始められるリハビリです。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME遷延性意識障害