交通事故での慰謝料の相場はいくらぐらいなの?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故に関するQ&A

交通事故の慰謝料はいくら?相応の金額をもらいたい場合は?

6

【質問】
息子がバイクに乗っていて、交通事故に遭ってしまいました。
右側の車線を走行していたところ、左車線の車が息子のバイクを認識していながら無理に車線変更してきたようです。
バイクも車もけっこうスピードが出ていたため、息子は反対車線に飛ばされて、命は助かったものの脚を骨折しました。
解放骨折の手術を二度受けましたが、経過はあまりよくありません。
今は退院して定期的に受診、治療を続けていますが痛みが強いようですし、医師からは後遺症が残るだろうと言われています。
足の骨がくっつくまで仕事は無理だと言われたため、職場を辞めることになってしまいました。

医師から症状固定としますということで、保険会社と示談の話が進んでいるのですが、過失割合は相手8、こちらが2だと言います。
そもそも相手が無理な車線変更をしてこちらは相当痛い思いをし、これからも後遺障害を抱えていくことになるのに、相手は無傷で今まで通りの生活を続けています。
それなのにこちらが2割負担しなくちゃいけないというのはいくらなんでも納得がいきません。

手術費用だけでも300万円を超えており、相応の慰謝料をもらわないと納得できないのですが、この状況だと慰謝料はいくらぐらいになるのでしょうか?

【回答】
バイクでの交通事故は症状が重くなりがちで、大変な苦痛を伴うことがあります。
まずは治療に専念し、十分なリハビリで日常生活での支障をできるだけ減らせるよう、サポートしてあげてください。

交通事故の慰謝料は、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料の2つに分けられます。
いくらになるかというよりあくまで目安ですが、入通院慰謝料は入院・通院の期間で算出し、例えば入院3ヶ月と通院6ヶ月、もしくは入院2ヶ月と通院12ヶ月であれば211万円程度になります。
後遺障害慰謝料は後遺障害等級に応じた目安があっていくらかと言うと、8級で830万円、10級で550万円、12級で290万円です。
これらの金額は症状が重篤だったり、加害者が無免許、飲酒運転など重大な過失がある場合などに増額できる可能性があります。

入通院慰謝料と後遺障害慰謝料を足した総額に、そのほかの治療費や諸経費、休業損害等を足して合計し、被害者側の過失2割を差し引いたものが保険金となります。
この金額は弁護士基準と呼ばれ、判例から導き出した、弁護士が交渉することで獲得可能な金額の目安です。
また、慰謝料を増額したい場合の方法はケースバイケースなので、やはり交通事故での交渉のプロである弁護士に相談しないと難しいと思われます。
本人もしくは家族の任意保険に弁護士費用特約があれば、弁護士費用を気にせず依頼が可能です。

ご相談フォームはこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故に関するQ&A