ペットの交通事故による怪我の治療費の請求は?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 アディーレ法律事務所の業務停止でお困りの方へ 当弁護士団のシンポジウム 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故に関するQ&A

交通事故で怪我を負ったペットの治療費は支払われますか?

8

【質問】
自動車同士が衝突する交通事故を起こしたのですが、その時にペットの犬を同乗させていました。
後部座席のシートに寝転がっている状態であったため、交通事故の衝突で運転席と助手席の背面に叩きつけられる形になり、打撲と脊髄損傷から歩行が困難になりました。

加入していた自動車保険にペットの治療費の打診をしてみたのですが、「ペットは物として扱うため、物損扱いです」と言われてしまい、物損保険の中から購入費用であった10万円を支払うとの返事がありました。

他の人からすれば「ペットの犬」かもしれませんが、私からすれば大事な家族で、治療費を払ってもらえないのも釈然としませんし、さらには物扱いされてしまったことにショックを受けています。

弁護士を雇って訴えれば、ペットの治療費を支払ってもらえるのでしょうか?
過失割合は私と相手方の双方5:5です。

【回答】
交通事故に限らず、民法上では「ペットは物」として扱われているため、交通事故でペットが亡くなったり怪我をした場合でも、「物損」扱いで処理されるのが通常です。

そのため、ペットが亡くなったり怪我をしたりした場合には、物損に応じた計算方法が使われ、時価もしくは購入した代金から計算をされるため、購入代金を超える保険金の支払いは、ほぼ皆無と言えます。

判例の中では、交通事故に遭った犬の治療費と介護器具代、慰謝料の合計40万円を認めた判決もありますが、多くのペットに関する訴訟の中では例外的とも言えます。
このように飼い主寄りの判決が出ているケースでも、「犬を自動車に乗せる際に、ペット用ゲージに入れておかなかった」等の過失から10%の減額がされています。

質問者の場合は、もともとの事故の過失割合が50%あり、さらにペットを移動用のゲージに入れておかなかったことから、過失割合が60%以上とされる可能性が高いです。
そのため、ペットの購入代金が20万円として、過失割合を引いた金額は8万円以下となるため、治療費がこれ以下であるのならば物損として保険金を受け取るのも1つの方法です。

もし裁判をした場合でも、認められる可能性が低い上に、認められた場合でも上記のように数十万円の可能性があるため、裁判費用や弁護士費用を考えると、ペットの治療費のみで裁判をされるというのは、費用対効果の面でも疑問が残ると言えます。

そのため、自身の人身傷害や自動車の物損などと併せて保険会社と交渉をされることをお勧めいたします。

ご相談フォームはこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故に関するQ&A