交通事故に遭った場合、ペットの治療費は請求できる?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故に関するQ&A

交通事故でペットが怪我をしてしまった時の治療費は?

8

【質問】
私たち夫婦とペットの犬を乗せて車で走行していたところ、後ろから思いっきり車に衝突される交通事故に遭いました。
私と夫は首を痛めてしまう程度で済んだのですが、ペットがその衝撃で後部座席から足元に落ちてしまい、前足を骨折してしまったのです。

警察を呼んで調査してもらったところ、過失割合は私と加害者で4:6という結果になりました。
そして、私が加入している保険会社に連絡し、ペットの治療費を補償してもらえるか聞いたのですが、ペットは物として判断されるため、物損扱いになるようでした。

他人や法律から見ると物といったように判断されるかもしれませんが、私たちにとって犬は家族の一員で、とても大切な存在です。
そんな大切なペットを物扱いされるのも悔しいですし、治療費を支払ってもらえないのも正直納得がいきません。

仮に私が弁護士を雇い、対応してもらったとしましたら、ペットが骨折してしまった事に対する治療費を支払ってもらう事は可能なのでしょうか?

【回答】
交通事故だけではなく、ペットは民法上ではどうしても物として扱われてしまいます。
今回は骨折をしてしまった状況ではありますが、仮に交通事故で亡くなったとしましても、残念ながら物損扱いにされてしまうのです。

ただ、亡くなってしまった場合には物損に応じた算出が行われ、ペットを購入した時の金額、あるいは時価などを参考にして計算されるものの、購入金額を上回るほどの保険金を受け取るのは難しいと考えられます。
過去の判例では、介護費用や治療費、その他慰謝料などを合わせて数十万円という例もあるものの、ペットに関する交通事故の判例では珍しいものです。

今回、交通事故でペットが骨折された状況ですが、飼い主寄りに判断されたとしても、ゲージに入れておかなかったという部分などが、過失になります。
ただゲージに入れていないだけでも、10%ほどの減額がされてしまうのです。

ご質問者様は、過失が40%あるようですが、そこにゲージへ入れておかなかった過失を加えると、治療費は少額しかもらえない可能性があります。
もちろん、弁護士を雇う事で、例えば裁判をするような結果になったとしても、認められる可能性は高くありませんし、認められたケースにおいても、弁護士費用や裁判費用を大きく下回る可能性があります。

ただ、治療費に当たる費用を請求できない訳ではありません。
物損として損害賠償を請求するほか、ご夫婦の治療費や慰謝料等も請求できますため、そういったところから治療費へ当てるのが現実的でしょう。

ご相談フォームはこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故に関するQ&A