交通事故の怪我を医師に信用してもらえない場合は?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故に関するQ&A

交通事故による怪我を医師に信用してもらえなかったら?

10

【質問】
信号が赤になったため、余裕を持って停車したところ、後ろから思いっきり衝突される交通事故に遭いました。
車に乗っていたため、どういう形でぶつかってきたかは分かりませんが、とにかくその衝撃がすごく、首を痛めてしまいました。

いわゆるむち打ちになり、交通事故の直後に警察を呼び、実況見分を終えてから真っ先に病院に行きました。
医師には首を痛めたといって、最初は痛み止めと湿布をもらいましたが、どうも医師は私の事を信用してくれていないように感じました。

というのも、検査しても問題はなく自覚症状だけであるため、痛いという事に嘘をついているように感じているようでした。
確かに外傷はありませんし、画像検査でも異常がなかったのかもしれませんが、医師に信用してもらえず悲しくなったのを覚えています。

このような診断をされ、このまま治療をしていくと、あっという間に怪我の治療を終了され、それでも治らなかったらどうすれば良いのかと不安を抱いています。
もし、私が症状を自覚していても、医師が認めてくれなかった場合、治療費を出してもらえなくなりますか?
また、どう対処すればよろしいのでしょうか?
このまま納得のいかない形で終わるのは嫌なので、お願い致します。

【回答】
交通事故の怪我は、医師の判断が大きく影響します。
怪我が治る見込みのある場合、治療費が補償された上で続けられますし、症状固定となれば後遺障害等級認定を申請し、その分の慰謝料を受け取る事が可能となります。

仮にこのまま、医師に症状を信用してもらえなかった場合、治療が終了となり、その後の治療は続けても実費となるのです。
きっとそれは、質問者様にとっても納得のいかない形であるというのは分かります。

もし、自覚症状が本当にあるという事を伝えたいのであれば、客観的な資料を用意し、保険会社に対して説明したり、医師に対しても出来る限りご自身の状況を伝えたりする事が求められます。
交通事故の被害者に対して親身な対応をしてくれる医者がいるのであれば、改めて検査を受けてみるのも良いです。
しかし、むち打ちは画像検査にうつりづらく、新たに検査を受けても明確な証拠をつかめるとは限りません。

医師は、診断書を作成したり、示談で揉めたりする事があることから、交通事故が原因の怪我はあまりよく思わない事が多いようです。
そのため、首が痛いといっても理解されない被害者の方も、決して少なくないと言われます。
かといって複数の病院へ検査しに行っても、一貫性のない治療と思われかねないため、適切な対処を弁護士に聞いてみると良いです。
ご自身の痛みを相手に伝える、適切なアドバイスを教えてもらえる可能性があるでしょう。

ご相談フォームはこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故に関するQ&A