交通事故の治療で医師に痛みは気のせいと言われたら?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故に関するQ&A

交通事故の怪我を医師に「気のせい」と言われてしまったら?

4

【質問】
赤信号で前の車が止まっていたので自分も停止したところ、突然後ろからバーンと衝撃がありました。
後続車の不注意でブレーキが間に合わず、私の車のバンパーにぶつかられる交通事故に遭ったのです。
車の破損はそんなにひどいわけでもなく、その時は痛みもさほど感じなかったのですが、警察に届け出て帰宅してから首が痛みだし、翌日すぐに病院へ行きました。

整形外科でひととおり検査を受けましたが、とくに頸椎などに異常は見当たらなかったようで、結果的には自覚症状だけということになりました。
しかし、そのときの医師の態度に納得がいきません。
「一応全治一週間としますけど・・・痛みは気のせいでは?」と言われ、まるで嘘つき呼ばわりされたようでショックでした。
薬と湿布を処方されたものの今も痛みはひかず、まだ通院を続けるつもりです。
でもあの医師の態度では気のせいということにされてすぐに「完治」と報告されてしまいそうで、このまま痛みがとれなかったらどうしようと、なんだか怖くなりました。

自覚症状があっても、医師が気のせいだからと治療終了の判断をすれば、治療費は出してもらえないのでしょうか。
医師に掛け合ってみた方がいいのか、別の病院で診てもらった方がいいのかと、悩んでしまいます。

【回答】
交通事故処理の原則としては、医師が症状固定と判断すればその後も痛みが残って通院したとしても治療費は自分で支払うこととなり、通院慰謝料にも反映されません。
症状固定後も自費で治療を続け、後日追加の治療費と慰謝料を加害者に請求しようと思うなら、症状があるという客観的資料を準備して保険会社に示し、納得してもらうほかありません。

交通事故による怪我の診断で評判がいい医師が見つかれば再度診察を受けたり、より高精度のMRIを受けるという方法もありますが、むち打ちでは画像の所見を得られないことは多く、必ずうまくいくかは分かりません。
神経学的な検査を受けていないのであれば、検査を相談してみましょう。

一般的に、交通事故での怪我は後々示談でもめたり、診断書作成など手間がかかることを理由に敬遠する医師が多いと言われます。
残念ながら医師に「気のせい」と言われてしまった、という被害者の話も耳にします。
交通事故による怪我の痛みを放っておくことはできませんが、やみくもに色々な病院で診察を受けると、かえって治療の一貫性を疑われてしまいます。
弁護士の無料相談を利用してみると良いかもしれません。

ご相談フォームはこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故に関するQ&A