交通事故で誰がどれだけ負担するのかを表す過失割合

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 アディーレ法律事務所の業務停止でお困りの方へ 当弁護士団のシンポジウム 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故に関するQ&A

交通事故において、過失割合とはどういうものなのですか?

6

【質問】
私は、去年に免許をとったばかりの初心者ドライバーです。

先日、私の不注意から自動車同士の接触事故を起こしました。
交通事故現場で、警察と加入していた保険会社には連絡をしたのですが、保険会社との話の中で、「過失割合は後でお知らせしますので、交通事故で壊れた自動車の修理は、当社の指定工場でお願いします。レッカーの方は手配します。」と言われました。

初めての交通事故だったのでわからないことだらけで、保険会社には「はい」と答え続けていたのですが、後になってから「過失割合というのは何なんだろう?」と疑問に思いました。

初めて聞く言葉だったので過失割合がどういった事かもわからず、『後で知らせる』と言われましたが、過失割合を教えてもらった場合に何か手続き等をしなければいけないのでしょうか?

【回答】
交通事故が起こる原因は、運転手の不注意、歩行者の飛び出し、中には自動車自体の不備など、さまざまあります。

交通事故で生じた損害を、だれがどれだけ負担するのかというのは大きな問題で、自損事故で運転手一人の責任ならば、運転手が損害賠償の責任を100%負うことになります。

しかし、先程も述べたように、「事故を起こした運転手一人が悪いわけではない」という場合には、それぞれの負担割合を「過失割合」という形で表します。
自動車対自動車の場合、それぞれの運転手に過失割合が課されるのですが、通常は「3:7」や「30:70」など両方の割合を足したら、10もしくは100となるように表現されます。
(「10」は割、「100」は%で表していると考えるとわかりやすいです)

つまり、交通事故によるすべての損害が100万円ならば、過失割合が3の運転手は30万円、過失割合が7の運転手は70万円を負担することになります。

交通事故による損害は、相手の治療費や自動車の修理代だけでなく、自分自身の治療費や自動車の修理代も含むため、過失割合が大きくなればなるほど、自己負担が大きくなることになります。
そのため、交通事故の当事者間では過失割合の綱引きが行われることが多く、揉める大きな原因になります。

この過失割合は警察が決めるものではなく、保険会社が交通事故を調査の上、「民事交通事故訴訟―損害賠償額算定基準」を基準として決めるため、特別な事由がない限り大きく変動することはありません。

交通事故では損害賠償額が数千万円となることもあり、10%の違いが1000万円近い違いとなることもあるため、交通事故において過失割合はもっとも重要なものだと言えます。

ご相談フォームはこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故に関するQ&A