マイカーとレンタカーでの交通事故の相違点は?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故に関するQ&A

レンタカーとマイカーでの交通事故では何か違う?

7

【質問】
先日、旅行のために借りたレンタカーに乗っている際、後ろから追突される交通事故に巻き込まれ、むち打ちを負いました。
現場検証が行われた結果、加害者も認めている通り私に過失がない交通事故だと証明はできたのですが、いくつか不安がありました。

それは、マイカーではなくレンタカーを利用していたため、損害賠償請求に関して、通常のケースではないと思ったからです。
軽い接触ではなく、強めな追突だったため、ボディに傷がつき、リアガラスにはヒビが入っていました。

友人から、レンタカーで事故するのは気をつけろと言われていた事もあって、余計に不安が募っています。
マイカーで起こる交通事故とは何か違う事はあるでしょうか?
ちなみに、借りる際にはしっかり保険に入っていました。

【回答】
マイカー、あるいはレンタカーであっても、交通事故としては何ら変わりありません。
通常通り、加害者側の保険会社とやりとりをし、むち打ちの治療をしていく流れとなります。
会社を休む事になったら休業損害を請求し、最後には加害者側の保険会社と示談交渉していくことでしょう。

強いてマイカーとレンタカーの交通事故の違いをあげるならば、損害賠償の責任の所在です。
今回の場合、被害者に過失が無いことから、そもそもご自身で弁償するような事はありません。
レンタカー会社に事情を説明すれば対応されるはずです。

また、仮に被害者にも過失割合がいくらかある可能性も考えられますが、その場合に関してもレンタカーを借りる際に保険に加入していれば問題ありません。
基本的にはレンタカーを借りる際、保険に加入するのがセットとなっているのが大半を占めています。

ただ、レンタカーを借りる時の保険にはいくつかの種類があり、金額によって内容が異なります。
保険の内容により、車に傷がついた場合には車を借りた本人に負担金が発生する場合がありますが、今回は過失割合が0のため、その心配もないと言って良いでしょう。

治療費や慰謝料等はマイカーで交通事故に遭った場合と変わりありませんので、交通事故後は病院に行き、診断や治療を受けることが大切です。
病院に行くのが明らかに遅かった場合、症状があっても交通事故との因果関係を証明できなくなる可能性があります。
もし、レンタカーにおける交通事故で何かしらの不安がある場合には、弁護士の無料相談などを利用し、アドバイスを受けてみるとより安心できるかと思います。

ご相談フォームはこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故に関するQ&A