交通事故直後にむち打ちの自覚症状がなくても病院へ

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

むち打ち

むち打ちの自覚症状がなくても病院へ行くべき理由とは

むち打ち4

交通事故に遭われても、出血や骨折が無かったり、明らかな痛みすら感じられなかったりと、自覚症状が不鮮明なケースは珍しくありません。
しかし、むち打ちに関しては、交通事故の直後に自覚症状がなくても、翌日や翌々日に痛みが発生するケースが多くみられます。
後になって「首が痛いのですが」と訴えても、交通事故の直後に病院へ行っていないのであれば、交通事故との因果関係が認められないかもしれません。

もちろん、脳出血などの目には見えない重篤な傷病を負っている可能性も否定できません。
重篤な傷病が隠れていないか、そして後からむち打ちが出てきた場合に交通事故との因果関係を明らかにするためにも、自覚症状がない場合でも、必ず病院に行って診断を受ける事をおすすめします。

これは、しっかり治療費を負担してもらったり、休業損害や慰謝料等を請求する手続きを、滞りなく対応したりするためにも必要不可欠です。

もし交通事故直後に病院へ行かないと?

目立った怪我がない、痛みも感じない、そのような状況だからといって病院へ行かないと、交通事故の被害者は損をしてしまう可能性が考えられます。
例えば、交通事故の翌日になって首が痛くなり、病院に行き診断を受けたとしても、そのむち打ちの原因が交通事故であると加害者側の保険会社が認めてくれるとは限りません。

交通事故において、損害賠償請求を行うためには、医師による診断書が欠かせません。
むち打ちのような目に見えない軽い負傷では、時間が経過すればするほど、交通事故との因果関係が不透明になってしまいます。
後からでは、医師に交通事故が原因という事で診断書を書いてもらうのが難しくなるのです。
保険会社との示談の際、交通事故日と診断書の日程がずれているだけで、話がこじれる可能性も考えられます。

交通事故直後は、加害者と被害者ともに、興奮状態になっています。
そのため、痛みを感じづらい状態にあり、むち打ちを起こしていても気づきづらい状態です。
例え、全く自覚症状がなくとも病院に行き、どういう状況だったのか、どこをぶつけたのか、ひねったところはないかなど、具体的な詳細を伝えるべきでしょう。

万が一病院に行くのが1日遅れた場合、そして交通事故直後に行ったとしても、被害者が安心して示談まで手続きを進めていくには、弁護士に相談するのが一つの手です。
被害者の負担が減りますし、弁護士基準で慰謝料の請求を行えるため、損害賠償の金額としても、自賠責基準や任意保険基準に比べて大きくなる可能性があります。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOMEむち打ち