むち打ちで弁護士に依頼するタイミングはいつが良い?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

むち打ち

むち打ちの場合、弁護士に依頼する最善のタイミングは?

むち打ち2

むち打ちなどの怪我を負う交通事故に遭った場合、加害者側の保険会社とのやりとりを経て、慰謝料や損害賠償の請求を行います。
交通事故被害者の多くは、弁護士に依頼する方が良いとは分かっていても、踏み出せない、タイミングが分からないという人が多いです。

仮に無料相談のみですと、交通事故に遭われてからであれば、どのタイミングに行っても問題ありません。
しかし、有料相談を利用する、相談に加えて依頼するのを視野にいれているという場合には、適切なタイミングで動き出す必要があります。
適切な時でないと、余計に費用がかかってしまったり、手遅れになってしまったりする可能性が考えられるのです。

タイミングが分からなかったり、弁護士に相談すること自体に敷居の高さを感じていたりしても、適切なタイミングを把握しておけば、すんなりと相談から依頼へと移れるかと思います。

弁護士に相談する適したタイミングは?

通常、むち打ちなどを伴う交通事故に遭った場合、治療の終了した直後が適切なタイミングと言えます。
しかし、むち打ちのような軽症ではなく、重篤な症状を伴う怪我を負った場合には、交通事故に遭われた直後から相談するのがおすすめです。
いずれにしましても、保険会社との示談が成立した後に相談するのは手遅れになるため、遅いよりも早い方がリスクを軽減できます。

弁護士に依頼するタイミングを区別すると、「交通事故直後」「治療中」「治療終了の直後」「後遺障害等級が認定されてから」「示談書の締結後」があげられます。
交通事故直後では、むち打ちのような軽症の場合、弁護士に依頼する事で費用倒れになる可能性も考えられるため、症状の度合いによっては適さない場合もあります。

治療中ですと、一定期間が経過した場合、治療費の支払いが打ち切られるケースがあるため、打ち切られそうな可能性があるのなら、その前に動き出すのが大切です。

最も適したタイミングと言うならば、治療終了の直後でしょう。
治療が終わってからは、後遺障害等級の手続きが控えています。
むち打ちで後遺障害等級の認定を得られるかは症状によりますが、可能性があるのならば弁護士のサポートが役立ちます。
後遺障害等級が認定されてからのタイミングは等級が納得いくかどうかによります。
認定された等級に不満がないのであれば、保険金の増額を見込めるため、適したタイミングです。

最も避けなければならないのは、示談書が締結されてから弁護士に依頼する事です。
一度結ばれた示談書を後に覆すのは、よっぽどの事情がない限り困難だからです。
もし弁護士への相談が遅れた場合には、せめて示談書へサインする前に相談するよう意識しておきましょう。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOMEむち打ち