むち打ちの神経症状を後遺障害認定されるためには?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

むち打ち

むち打ちによる神経症状を後遺障害と認めてもらうためには

むち打ち18

むち打ちが後遺障害と認定されるには、下記のいずれかの条件に当てはまるとみなされる必要があります。
・局部に頑固な神経症状を残すもの(後遺障害等級第12級)
・局部に神経症状を残すもの(後遺障害等級第14級)

神経症状とは、精神的に痛みを感じるという意味ではありません。
自賠責保険の後遺障害等級表では、神経に物理的な損傷が生じて、神経の不調に由来する症状があることを、神経症状と表現しています。
むち打ちが原因の神経症状は頭痛や吐き気、めまい、局部に感じるしびれ、体のだるさ、倦怠感、不眠、抑うつなど、非常に種類が多いのが特徴です。
神経症状は、神経あるいはその周辺に物理的な損傷が生じたことに起因する病状です。

一方、人間の体は病気でなくても、ストレスなどのシグナルを受けると精神的に不快になります。
病気ではないのに不快になるのは、主として自律神経の働きに由来します。
自律神経は、人間の意思とはかかわりなく、生存のために常に働いている神経で、交感神経と副交感神経の2種類があります。

気のせいでは済まされない神経症状

交感神経は行動的な神経、副交感神経は抑制的な神経です。
交通事故でむち打ちになるという体験は、体にとって非常に大きなストレスであり、自律神経のうち、副交感神経は活動を抑えて安静にすることでストレスを軽減しようとします。
活動が抑制されれば精神活動は低下し、気が滅入ったり、体のだるさを感じたりするようになります。
このように、神経の損傷とはかかわりなく、メンタルが原因でむち打ちに伴っていろいろな症状が発現することがあるのです。

むち打ちが後遺障害として認定されにくい原因の一つとして、神経症状を証明するにあたって、本人が主張する自覚症状のみで、客観的な証拠に乏しいことが挙げられます。
後遺障害等級の認定は、西洋医学に基づいて行われますから、主観的な申し出は退けられてしまいます。

交通事故でむち打ちを発症する一方、事故に遭ったショックで精神的に不安定になり、心療内科や精神科に通院して治療を受けた場合も、むち打ちを後遺障害として認定してもらうことがむずかしくなります。
前述のように、むち打ちは神経およびその周辺組織の損傷に由来する怪我なので、精神的な病状がむち打ちに由来すると主張しても、退けられてしまうからです。
むち打ちの後遺障害を認めてもらうためには、受診する診療科目に留意するべきです。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOMEむち打ち