むち打ちの治療方法について

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 アディーレ法律事務所の業務停止でお困りの方へ 当弁護士団のシンポジウム 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

むち打ち

むち打ちの治療方法は、症状によって違う

4

交通事故に遭って病院で治療を受ける場合、外科もしくは形成外科の医師の診察を受けます。
その際、むち打ちの診断が出された場合は、「湿布とロキソニンなどの鎮痛剤が処方されて終わり」と言うのが大半です。

むち打ちの約70%が頸部捻挫であると言われ、頸部捻挫は筋肉組織の損傷であることから、炎症や痛みを抑える湿布や痛みを軽減する鎮痛剤は有効な投薬と言えます。
投薬により治すというよりも、自然治癒をするのをサポートすると言った方が正しく、頸部捻挫の治療は「日にち薬」と言えます。

しかし、そういった投薬ではなかなかむち打ちが良くならない方も多くいます。
人によっては、交通事故から2年経っても痛みが引かないケースもあります。
こういったむち打ちは単純な筋肉の損傷だけでなく、他のことが原因であることがほとんどです。

そのような場合に、一番に考えられるのが頸椎のゆがみです。
交通事故時の衝撃により、頸椎が歪んで神経根や血管を圧迫してしまい、それにより痛みやしびれなどの症状が出ていることがあります。
頸椎を正しい位置に戻し頸椎同士の間を開ければ、神経根の圧迫はなくなり、頸椎内外の血管も本来の血流を取り戻しますので、多くの医院では治療として首の牽引が行われます。

特殊なむち打ちの治療方法

頸椎にゆがみの異常がある場合には牽引が行われますが、頸椎が骨折・変形などしていて牽引による矯正が難しい場合には、手術が行われることがあります。
手術により神経や血管を圧迫している骨を削ったり、骨折片を取り除いたりします。

この場合は、圧迫している骨を取り除くことにより、神経や血管が解放されるため、症状が劇的に回復するケースがあります。
難しい部位の手術でない場合には、1週間ほどで退院できるケースもあり、回復も手術後からゆっくりと改善することが多いため、リハビリと併せて行われることがほとんどです。

脳髄液減少症型のむち打ちの場合は上記の治療では治らないため、特殊な治療法が使われます。

くも膜が破れて脳髄液が漏れている個所が分かっている場合には、漏れている穴の部分に自分の血液を注射し、血液凝固による蓋をし、その後は点滴治療をするなどして、自力で脳髄液の増加を待つ方法です。
患者自身の血液を使うため、副作用が少ないという利点がありますが、凝固した血液は時間が経つにつれ溶けてしまうため、継続した治療が必要になります。
しかし、自然治癒によりくも膜が回復し、脳髄液の漏れがなくなることもあるため、1度の治療だけで治るというケースもあります。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOMEむち打ち