むち打ちの受診を後回しにしてはいけない理由とは?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

むち打ち

むち打ちとなったら交通事故後すぐに受診をしておくべき理由

むち打ち2

交通事故に遭って骨折や出血など目に見える怪我を負ったり、強い痛みがある場合には誰しもすぐに病院へ行くことでしょう。
しかし、特に生活に支障がなさそうな場合や、交通事故後すぐにはむち打ちを自覚できなかった場合に、忙しかったり用事があったりして「このぐらいなら時間が取れるときでいいか」と病院を後回しにすることもあるかもしれません。
しかしこれは、事故対応としてNGな行動と言えます。

交通事故後すぐ受診しない理由として、交通事故というイレギュラーの事態に驚き、精神的に動揺して自分の体の心配が後回しになってしまう状態が考えられます。
また、不測の事態で興奮状態になり、運動能力を高めたり痛覚を麻痺させるアドレナリンや、鎮痛作用があるβエンドルフィンといった物質が脳内で分泌されることで、本来あるはずの痛みが感じられにくくなっている可能性があります。
実際に、病院に到着した途端にそれまでは感じなかった痛みを認めたり、病院に着いた途端に自力で歩けなくなる、というケースもあると言います。

むち打ち症以外にも、例えば脳内出血を起こしていることに気づかずに病院を受診しなかった場合などに、出血により脳が圧迫され症状が自覚されるまでに時間がかかってしまい、後遺症が残ってしまうという可能性もあるのです。

交通事故後の受診は金銭面にも影響

このような体の安全面だけでなく、金銭面でも交通事故後すぐ受診するか否かが大きく影響してきます。
交通事故で怪我を負った場合には加害者側に損害賠償を請求することになり、さらに後遺障害が残れば後遺障害等級認定を受ける必要があります。

十分な損害賠償を請求するため、そして相応の後遺障害等級認定を受けるために必要なのが「正確な診断」、「症状と交通事故との因果関係の証明」です。
一般的な考え方として、交通事故後1週間以内に受診をしていないと、交通事故との因果関係を証明するのが難しいとされています。

損害賠償額を決める交渉が難航すると、できるだけ支払いを抑えたい保険会社は「交通事故後すぐに受診していない」という点を突くことで、交通事故との因果関係を疑ってきます。
症状が遅れて現れることが多いむち打ちは、なかでも因果関係を示すのが難しい傾向があります。
後になって後悔しないためにも、交通事故に遭ったらすぐ受診しておくことが大事なのです。
むち打ちの場合、レントゲンでの所見が認められないことも多いですが、しびれや痛みがあるときにはそのままにせず、神経学的検査なども取り入れてしっかり診断してもらうようにしてください。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOMEむち打ち