むち打ちの後遺障害を認定してもらうためには?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

むち打ち

どうすればむち打ちの後遺障害を認定してもらえますか?

むち打ち12

妻が運転する車の助手席に同乗してドライブ中に、交通事故に遭ってむち打ちになりました。
車の横から衝突され首がおかしな方向にねじ曲げられたせいか、首の痛みがひどく、交通事故の後1カ月は起き上がることもできませんでした。
事故から1年経ちますが、痛みが残っており、後遺障害の認定を受けることを考えています。
しかし友人たちは、むち打ちで後遺障害等級の認定を受けるのは無理だから、治療をやめて損害賠償金を多めにもらうように交渉した方が良いと言います。

むち打ちでも、自賠責保険による後遺障害等級の認定を受けることは可能ですが、単に書類を提出すれば簡単に認定されるわけではなく、審査のための入念な準備が欠かせません。

むち打ちという病名は医学用語ではなく、医療においては、頸部座礁、頸部ねんざ、外傷性頸部症候群といった傷病名が付きます。
交通事故で頸部に強い衝撃を受けたためにむち打ちの症状のほかに、めまいや吐き気、頭痛、耳鳴りなどの症状が起こることもあり、その場合は、バレーリュー症候群という病名で呼ばれています。

いずれにせよ、むち打ちという一言で片付けられないのがむち打ちです。
後遺障害等級を審査する組織に対して、損傷した部位の違いや損傷の度合いによって異なる痛みや不快症状をいかに客観的に伝えられるかが、むち打ちの後遺障害等級認定のカギとなります。

むち打ちの後遺障害等級は第12級か第14級

第14級とは、自賠責保険におけるもっとも軽度の後遺障害ですが、それでも、後遺障害の認定を受けることができれば自賠責保険から保険金を受けとることができるので、後遺障害等級の申請はやってみる価値のある仕事です、

第12級とみなされるむち打ちとは、むち打ちの症状が医学的に証明できるものです。
医学的な証明とは、神経学的な検査または、MRIやCT、レントゲンなどの画像によるものです。
検査結果や画像は、客観的な証拠書類であって、人為的に結果を操作できないので、後遺障害を認めてもらう際におおいに参考にされます。

一方、第14級は、怪我をしたときの状態や治療の経過などから、症状が連続して起こっており、一貫性が認められる場合です。
医学的に症状の発生を説明できるかどうかも、第14級認定のカギとなります。
すなわち、医学的な所見は特にないのに、むち打ちの症状をことさら訴えている場合は、怪我による痛みを故意に誇張しているとみなされてしまうからです。
むろん、そのような場合は、後遺障害等級を申請しても認可されません。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOMEむち打ち