むち打ちで整体院の治療を受けたい場合には

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

むち打ち

むち打ちの治療で整体院の利用を保険会社に断られた場合は?

むち打ち4

交通事故でむち打ちとなられた患者の中には、「整形外科の病院よりも、整体院の方が効果があるのではないか?」、「ずっと病院に通っているが、なかなかむち打ちの症状が良くならないため、接骨院で治療を試しに受けてみたい」と、おっしゃる方もいます。

ですが、内心は「むち打ちの治療を整体院でしてみたいな」と思っていても、実際に通院までされる方は多くありません。

整体院に通院しない理由の中には、「現在通院している整形外科の先生から、整体院の通院を反対された」というものもありますが、多くの場合で保険会社からストップがかかるからです。

交通事故でむち打ちを負われた方の大半は、自賠責保険か任意保険会社から治療費を支払ってもらっている立場です。
裏返して言うと、「交通事故の治療費は保険会社から支払われているので、保険が支払われない治療に関しては消極的になる」ということになります。

そのため、むち打ち症の患者が保険会社に「むち打ちの治療に整体院に通いたいんですが…」と申し出ても、保険会社から「整体院の治療費は支払いません」と言われてしまうと、簡単にあきらめてしまうことになります。

保険会社に整体院の通院を認めさせるには?

とはいえ、むち打ちの症状がなかなか良くならない場合には、整体院へ通院したい気持ちが出るのは理解できます。

もし、整形外科の医師から整体院の通院の許可が出ているのに、保険会社が認めない場合にはどうすればいいのでしょうか?

むち打ちの患者が、「病院は患者が自由に決めていい権利があるので、整体院にも通院します」と保険会社に言いきるかたちで通達するのも効果的ですが、さらに効果的な方法があります。

それは、保険会社に整体院の通院を電話で伝えている途中で、整体院の院長などに電話を代わってもらうことです。

なぜこのような方法をとるかというと、保険会社は個人に対しては「保険の知識がないだろう」と、整体院の治療費は出ないと嘘を言うことがあります。
そんな時に整体院の方から保険会社に、「患者に対して嘘を言うのですか?」と言われてしまうと、保険会社も不承不承でも認めざるを得なくなるからです。

整体院の中には、患者の了承を得て整体院から保険会社に連絡をするところもあります。
「保険会社との交渉が苦手」「一度別の整体院を使おうと思った時に保険会社から断られた」といった患者には好評のようです。
「交通事故の自賠責保険での治療が出来ます」との看板を挙げている整体院ではこのような所も多く、保険会社と通院のことでうまく交渉できない場合には、整体院にお願いをしてみるのもいいかもしれません。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOMEむち打ち