むち打ちで接骨院にかかる際の注意点とは?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

むち打ち

むち打ちで接骨院に通院する時の注意すべき点

むちうち3

交通事故のむち打ちの治療には、神経外科や外科などの病院に行かれることが多いと思います。
しかし、むち打ち患者の中には、病院よりも接骨院での治療を望まれる方もいます。

患者のむち打ちの症状や体質によっては、病院で治療するよりも接骨院の方が効果がある場合もありますので、接骨院の治療をするのも良いでしょう。
ですが、手順を踏まなかったり、順番を間違えると、症状を悪化させるだけでなく、後の保険会社から支払われる金額まで変わってくるため、注意が必要です。

基本的に、保険会社は接骨院での治療を認めたがらない傾向が強いです。
西洋医学に基づいた病院の治療と違い、東洋医学を中心とした接骨院の治療は、保険会社の見解だと効果が未知数であることが挙げられます。
つまり、「治療効果があるかわからない物に、治療費を支払いたくない」と言うのが、本音なのです。

むち打ちの治療を初めから接骨院でしかしていない場合には、保険会社が治療費の支払いを拒否する場合があります。
それを避けるためにも、一度病院で診察を受けたうえで、むち打ちの診断と医師による接骨院での治療の許可をもらってから、接骨院に通う方が無難です。

すべての接骨院が良いとも限らない

接骨院に通う許可を医師からもらったとしても、接骨院選びには慎重を期した方が良いです。

交通事故のむち打ちを取り扱ったことのない接骨院であれば、治療費を支払う保険会社とのやり取りがうまくいかず、治療費が支払われない可能性があります。
接骨院にかかる際には、一番初めの受付の段階で、保険会社からの保険適用で治療できるか確認する必要があります。

また、小さな接骨院であるとレントゲン設備が整っておらず、レントゲンを見ればわかるような骨や筋肉に異常があるにもかかわらず、気づかずに施術してむち打ちを悪化させてしまうケースがあります。

また、保険適用外となる鍼灸治療を勧められた時に、患者は「保険会社から支払われるのだから、治療を受けておこうか」と勘違いしてしまう可能性があります。
施術を受けた時に実費を請求されて気づいたのならばよい方で、整体師の方も気づいておらず、保険会社から指摘を受けて自己負担であることに気付くケースもあります。

他にも、病院の医師と接骨院の整体師が、むち打ちに対する治療方針が違ったり、診断すらも違ってしまうと、治療に関して大きな混乱となる事もあり得ます。

弁護士にも、接骨院での治療に関する相談が寄せられることもありますので、保険会社の対応に関しては弁護士に相談をしてみても良いかもしれません。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOMEむち打ち