むち打ちでの通院慰謝料はいくら貰える?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

むち打ち

むち打ちによる通院慰謝料の計算方法は?

むち打ち1

交通事故のむち打ちの場合、ほとんどのケースで入院はせずに通院で治療をします。
そのため、示談の段階で被害者と加害者側の保険会社との紛争となる原因の一つに、通院慰謝料と言うものがあります。

交通事故のむち打ちに対する治療費は、相手側の保険会社が直接病院に支払うか、一旦被害者側が支払い、領収書を提出して清算するかのどちらかになります。
治療費の場合は、病院が領収書を発行するため、治療費の内容項目の確認が容易であるので、健康保険適用内の治療をしているのであれば、問題となる事が少ないです。

また、通院慰謝料ではなく、入院慰謝料に関しては病院が入院証明を発行してくれるため、保険会社側としても詐病でない限り全面的に認めることがほとんどです。

一方、通院慰謝料は自賠責保険の基準では、実際に通院した日数の二倍か、通院をしていた期間のどちらか短い方に、通院慰謝料日額の4,200円をかけたものになります。

例えば、8月1日に交通事故に遭い交通事故当日から病院で治療を受け、25回(25日)病院に通院し、25回目の10月31日の治療で完治したとします。
実際の通院した日数を基準とした場合:25×2=50日
通院した期間を基準とした場合:8月1日~10月31日なので92日
となるため、短い方の50日に4,200円をかけた、21万円が通院慰謝料となります。

保険会社によって異なる見解となる事も

こうしてみると、むち打ちの通院であっても通院慰謝料を簡単に計算出来て、保険会社から支払われるのではないかと思うかもしれませんが、そうとも言い切れないことがあります。

もともと保険会社は保険金の支払いを抑えたいと考えているため、むち打ちであれば1カ月ほどで治療費の打ち切りを言ってくることがあります。
そのため、治療費が打ち切られた後に自費で治療していた期間は、通院慰謝料の対象期間と認めないこともあります。

また、交通事故によるむち打ちの症状が長期間続いていたとしても、ほとんどの保険会社で6カ月を超えてのむち打ちの治療は認めていません。
仮に1年2年と治療を続けていたとしても、交通事故から6カ月間の通院を対象とした通院慰謝料となりますので、被害者が想像していた金額を大きく下回る可能性の方が高いです。

しかし、これらは自賠責保険を基準とした保険会社の見解で、裁判の事例ですと通院日数が少ない場合は、通院実日数を3.5倍した日数と通院期間のどちらか短い方を支払い日数の基準とするとしています。
むち打ちの場合、比較的短期間で終わることもあるので、弁護士を介して交渉する余地があるとも言えます。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOMEむち打ち