自動車と二輪車の右直事故が多い理由とは

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故の法的基礎知識

自動車対自動車や二輪車の右直事故のある特徴とは?

11-4

・右直事故
右直事故とは、交差点や道路外に出る場合において、右折する自動車と対向車線を直進する自動車が衝突することによって発生する交通事故です。
 
右直事故の場合、直進車両はそれなりにスピードが出ている場合が多いため、重大な事故になりやすいです。
また、直進車両が二輪車や原付である場合には、車体に守られていない二輪車や原付の運転車が大きな怪我をしてしまうことが多いため、重大な事故になりやすいです。
右直事故の場合基本的に、右折車の注意義務が重く課されていることから、右折車の過失が重くなります。
また、信号の色や、交差点進行の優先順位によって、過失の割合が判断されます。

右直事故の場合、ある特徴があります。
それは、交通事故の類型の中でも、特に、二輪車又は原付が直進してきている際の右直事故の数が明らかに多い事です。
基本的に、交通事故の類型の観点から言えば、類型の中で、四輪車か二輪車で大きく変わることはありません。
しかし、二輪車が直進している場合の右直事故の数は、殊更多くなっています。
二輪車や原付が直進してくる場合に右直事故が発生しやすい原因には、いくつかの理由が挙げられると思います。

一つは、目の錯覚です。
自動車と比べて、二輪車や原付の大きさは、明らかに小さいです。
また、大きいものの隣に小さいものがある場合、人はより小さいものを小さいと感じてしまいます。
そして、人には近くのものは大きく、遠くのものは小さく見えるという認識を持っています。
これらの事情が合わさって、右折する自動車から直進してくる二輪車や原付を見た場合に、実際よりも遠くを走っていると勘違いしてしまいます。
そのため、まだ余裕がある、右折しても大丈夫だと判断して右折してしまいます。
そして、実際にはもっと近い距離を走っているため、衝突してしまうのです。

二つ目に、二輪車の構造上の問題もあると思われます。
二輪車は、停止している場合自立できませんが、スピードが上がるにつれだんだんと安定していきます。
そのため、二輪車は直進走行をしている場合、車体を安定させるため、比較的スピードが出ていることが多いと言えます。
また、二輪車は急ブレーキをかけてしまうとバランスを崩し、転倒してしまいます。
そのため、バイクは右直事故が発生しそうな場合にも、急ブレーキをかけづらいことがあります。
  
また、バイクがすり抜けを行っている場合があります。
この場合、対向車の影に隠れてバイクが見えないことも多いですから、バイクの発見が遅れてしまい、右直事故が発生してしまいます。
このような事情があることから、右折車と直進する二輪車や原付の右直事故の発生が多くなっていると考えられます。

また、右折車が安全確認を怠っている場合にも右直事故が発生します。
右折車が安全確認を怠っている場合とは、前の自動車や対向の右折車の存在により、直進車両が見えない状況で右折している場合です。
特に、進行方向の前に右折車がある場合、前の車につられて安全確認を十分せずに右折を開始してしまうと、直進車両に衝突してしまうことがあります。
きちんと安全確認をし、対向右折車などによって遠くまで見えない場合は、すぐに停止できるよう、ゆっくり右折しましょう。
また、直進車が無理に直進してくる場合にも右直事故は発生します。
直進車がスピードを出しすぎた場合、右折車が思った以上に早く交差点に進入したために、事故が発生する場合があります。
また、広い道路だと右折車用の青色矢印の信号があると思いますが、青色矢印信号が出ているときに、無理に直進車が交差点に進入してきた場合に、信号にしたがった右折車と衝突して右直事故が発生することがあります。
この場合、直進車は信号無視になってしまいます。
直進車も、直進車が優先される、止まってくれるだろうと安易に考えずに、交差点に進入する際には、十分気を付けなければなりません。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故の法的基礎知識