道路走行中と道路外進入の自動車同士の交通事故

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 アディーレ法律事務所の業務停止でお困りの方へ 当弁護士団のシンポジウム 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故の法的基礎知識

道路上を進行する自動車と道路外進入自動車との交通事故

11-7

道路上の自動車と道路外進入自動車との交通事故とは、道路を走っている自動車と道路外、すなわち駐車場などから、道路に入ってくる自動車との交通事故及び、これとは逆に、道路外に出る自動車との交通事故です。
なお、道路外に左折で出る場合の事故は含まれていません。

この交通事故の類型の場合、自動車のスピードは様々ですので、交通事故の重大性は様々です。
ただし、道路上を走行している自動車のスピードは、ある程度出ている場合が多いので、重大な交通事故になりやすい類型といえるでしょう。
高知県の白バイ隊員が死亡した事故は、一応この類型の交通事故といえるでしょう。

この類型の交通事故の場合、道路外から進入しようとした自動車及び道路外に出ようとした自動車に大きな過失があるとされています。
一方で、道路外から進入したり、道路外に出ようとする自動車はゆっくり走っているのが通常ですから、直進している自動車も前方の安全をきちんと確認していれば事故を回避できたはずです。
そのため、道路上の自動車にも一定程度過失が存在します。
その他にも、衝突時の自動車の状態や道路の状況によって、過失割合が変わってきます。

この類型の中にもいくつか類型があります。
一つは、道路外(駐車場等)から、右折で道路に進入する場合です。
この場合、右側方向から来ている直進車と、左側方向から来ている直進車の両方と衝突する可能性があります。
左右両方から来る自動車の動向をきちんと確認しなければならないので、一方方向の自動車ばかり気にしていると、反対方向の自動車の安全確認がおろそかになってしまいます。
また、渋滞をしている際に、直進車が道を譲ってくれた場合、安易に自動車を進行させてしまうと、自動車の影に隠れた自動車や、二輪車と接触してしまいます。
本当は安全に右折できないのに、大丈夫だろうと安易に思い込んで無理に右折してしまい、交通事故が発生してしまう場合もあります。
右側から来る自動車がいないからと言って、車線をまたいで中央線の手前で停車して待つことはやめましょう。大変危険です。

次は、道路外(駐車場等)から左折で、道路に進入する場合です。
この場合は、右側方向から直進してくる自動車と衝突することになります。
特に、建物や街路樹などにより視界が悪くなっているときに、安全確認不足で無理に左折してしまうと、自動車等の見落としにより交通事故が発生してしまいます。
二輪車や原付は、影に隠れやすいので気を付けなければなりません。

そして、次は逆に道路上から右折で、道路外(駐車場等)に出る場合です。
これは上二つと違い、道路上の自動車が道路外に出る場合です。
その態様や原因は、右直事故と非常に似ているといえるでしょう。

右折で道路に出たり右折で道路に進入する際、直進車があってなかなか右折できない事も多いと思います。
また、なかなか曲がることが出来ず、後ろに自動車が並んでくることがあると思います。
このようなとき、早く曲がろうと考え焦って右折してしまうと、安全確認が不十分になり、交通事故につながってしまいます。しっかり、安全確認をしましょう。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故の法的基礎知識