死亡事故で過失割合が争点となりやすい原因は?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

死亡事故

死亡事故となった場合、過失割合に納得できなかったら?

死亡事故15

死亡事故に遭った家族の葬儀を済ませ、あわただしい日々が一段落すると、やがて加害者と損害賠償について話し合う時期が訪れます。
加害者が任意自動車保険に加入しており、保険会社が示談の代行をする場合、故人の四十九日を過ぎたころに示談交渉についての連絡が入るのが一般的です。

しかし、示談交渉の内容が必ずしも被害者の希望通りになるとは限りません。
加害者と被害者の過失割合が最大の焦点となり、双方の意見が食い違う原因となります。
生存している加害者は、自分の過失割合が有利になるように事故当時の状況を説明できます。
しかし、加害者がどんなに状況をねじ曲げて説明しても、亡くなった被害者は異議を申し立てられません。
そのため、死亡事故は過失割合でもめることがとても多いのです。

亡くなった被害者の過失割合に納得できなかったら、十分な証拠を積み重ねて反論するべきです。
なぜなら、過失割合は損害賠償金額に影響するからです。
損害賠償金額が1億円で、過失割合は加害者60:被害者40のケースでは、被害者は1億円の損害賠償金の6割である6000万円を受け取ります。
死亡事故は損害賠償金が高額なので、過失割合によって受け取れる賠償金が大きく変わるのです。
さらに、被害者が事故責任の多くを負うというのは、遺族も納得しがたいでしょう。
死亡事故で、加害者が主張する過失割合に納得できなかったら、弁護士に相談するなどして、納得できる過失割合を相手が認めるまで話し合うことをお勧めします。

保険会社が過失割合を決める方法は?

保険会社は、交通事故における過失割合を、警察が作成した交通事故証明書をもとに決めています。
むろん、1通の証明書を読んでただちに過失割合を決めるのではなく、過去に起きた交通事故の判例のなかから類似の事故を探し出し、その類似事故を根拠に、死亡事故の過失割合を被害者に提示するのです。

しかし、まったく同じ交通事故というものはなく、発生した時間、天候、当事者の運転技術、道路の状況など、事故が起きた要因は事故ごとに異なります。
保険会社が類似の交通事故を参考にするにしても、複数の類似事故のなかから、自分たちに最も都合の良い判例、すなわち過失割合が加害者に有利な判例を引き合いにしている可能性もあるでしょう。

そのような状況で示談交渉を進めるのは、あまりにも被害者に不利です。
死亡事故の被害者遺族の方は、交通事故に詳しい弁護士と相談して、加害者主導で示談が進まないよう、十分な証拠を集めることをお勧めします。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME死亡事故