交通事故で入院となった場合、個室料金は請求できる?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故に関するQ&A

交通事故が原因で入院した場合、個室料金は認められる?

9

【質問】
最近、夫が仕事の帰宅中に交通事故に遭いました。
足を骨折すると共に、頭を強く打ってしまったため、交通事故の直後は意識を失うほどの大事故となりました。

すぐに入院する事になったのですが、夫はあまり他人が近くにいる空間が好きではないため、個室を希望し、移動しました。
また、夫の主張曰く、交通事故の被害者になったのだから、たとえ個室を利用したとしても問題ないだろうという事です。
私は相手の保険会社に悪く思われないためにも、あまり強気にならない方が良いと言ったのですが、全く話を聞いてくれませんでした。

個室にしますと短期間でも10万円や20万円近くの料金となってしまいますので、これで個室料が保証されないとなると、大変な出費になります。
夫のいないところで病院に相談したところ、途中から相部屋に戻してもらう事も可能であるとの事でしたが、夫は頑なに個室にすると言っています。

実際のところ、交通事故の被害者は正当な理由なしに個室を利用した場合、その料金は請求する事ができるのでしょうか?

【回答】
交通事故に限らず、病院で入院される方には、個室を希望される方が多いです。
また、ご主人のように、交通事故の被害者であるという立場から、特別な理由なしに個室を選ぶ人も少なからずいらっしゃいます。

このような交通事故の被害者による、個室の利用に関する問題は決して珍しい話ではなく、多くの判例があるものの、基本的には個室の利用料は認められていません。
もちろん、重体であって個室での看護が必要であったり、免疫的な理由から他の患者と同じ空間にいられなかったりするなど、正当な理由がある場合には保証される可能性が高いです。

病院の入院施設は、個室でなくとも十分に治療できる環境が整っているため、しっかりとした理由がなければ個室を利用する費用の請求は難しくなります。
ご主人の場合、意識が戻り、骨折を原因に入院しているという事、そして個室を希望する理由に正当性が見当たりませんので、認められない可能性が高いです。

弁護士に相談し、被害者の理由をしっかりまとめてもらい、保険会社と交渉してもらう事も可能ですが、必ず請求できる保証はありません。
少しでも請求できるために弁護士に依頼するか、あるいは理由なく個室料金を請求できない可能性を考え、大部屋に再度移動してもらうのが良いでしょう。

ご相談フォームはこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故に関するQ&A