交通事故に遭い、相手の謝罪に納得いかない場合は?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故に関するQ&A

交通事故で加害者の謝罪に誠意を感じられない時の対応は?

3

【質問】
3ヶ月ほど前、一時停止線のある脇道から、交通ルールを無視して飛び出してきた乗用車に衝突される交通事故に遭いました。
肩甲骨を骨折し、事故の直後はすぐに救急車を呼んでもらうほどでした。

しかし、交通事故時、そして3ヶ月経った今でも、加害者から誠意のある謝罪をされた記憶がありません。
ほとんどが「大丈夫?」「怪我はよくなりました?」というような言葉だけで、申し訳ないという気持ちが全く伝わってこないのです。

誠意のない証拠に、一度も加害者から連絡はありませんし、自宅へと謝罪にこられる事も今のところ一度もないのです。
私に申し訳ないという気持ちよりも、交通事故の処理をさっさと済ませたいという気持ちが強いように思います。

こういった誠意や反省の感じられない被害者に対して、私自身はどのように対応すれば良いのでしょうか?

【回答】
交通事故のような予期せぬ事態に遭遇した時、ある意味その人の本性であったり、悪い部分だったりするところが露わになる事が多いです。
誠意を持って謝罪してくれていないというのが、その証拠の一つでしょう。

謝罪が無い点について、被害者は不快に感じたり、怒りを抑えられなくなったりする事もあると思いますが、謝罪が無い事そのものに対して、被害者がどうこうする事はできません。
強いて言うならば、少しでも多くの慰謝料をもらい、その金額で納得する事が求められるでしょう。

注意したい事としては、謝罪が無い、あるいはまともな謝罪をしてくれない加害者は嘘をついたり、攻撃的な態度を見せたりする可能性があると考えておくべきです。
例えば、交通事故当時の出来事をくつがえすように主張し、過失割合は被害者にもあるような事を言われる可能性もあります。
示談交渉の前にそのような主張をされるのは、手続きがこじれたり遅延したりする原因にもなるため厄介です。

そういった状況においては、やはり損害賠償額を増額する事に専念する事が大切になるでしょう。
また、万が一加害者が主張を変えてくるような可能性も考慮し、さらに慰謝料の増額を図るのであれば、弁護士に依頼するのが安心です。

1円でも多く損害賠償を請求するならば、交通事故に強い弁護士に依頼するのが望ましいでしょう。
根拠のある正当な主張をし、交渉をこじれさせないためにも重要な存在ですし、弁護士基準で慰謝料を請求する事が可能になります。
誠意の無い加害者と連絡を取り合う事は、被害者にとってなるべく避けたいはずです。
そういった事を考慮しても、弁護士を雇う方が安心できるのではないでしょうか。

ご相談フォームはこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故に関するQ&A