主婦が交通事故に遭った際に休業補償はどうなる?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故に関するQ&A

主婦が交通事故にあった場合、休業補償はされないのでしょうか?

4

【質問】
先日交通事故に遭い、2週間の入院を余儀なくされました。
私は専業主婦であったため、入院している間は夫や幼稚園の娘の世話ができず、夫も子供の送り迎えで精いっぱいだったようで、退院してから家の掃除や後片付けが大変でした。

交通事故直後に保険会社から治療費についての説明があり、全額保険会社が負担しているため、持ち出しはありません。
しかし、その他の補償については、まだ話が出てきていません。

会社員などは交通事故で会社を休んだのならば休業補償が出ると聞いたことがあるのですが、専業主婦でも休業補償のようなものがもらえるのでしょうか?

また、主婦でも休業補償がされるのであれば金額はどのくらいで、日数などの計算はどのくらいになるのでしょうか?

【回答】
休業補償と言う名称から、会社員や自営業など仕事をしていないと補償されないと勘違いされやすいのですが、主婦であっても「家事従事者」とみなされ休業補償の対象となります。
付け加えると、家事従事者でなく無職であった場合は、休業補償の対象外になります。

会社員であった場合には、上限はありますが事故前3か月の収入を90で割ったものを休業補償の日額とするのですが、日常的な家事を金額化するのは難しいと言えます。
そのため、主婦の場合は自賠責保険の休業補償の最低日額の5,700円を基本として計算されることが多いです。
しかし、主婦の年収を賃金センサスと言われる、女性労働者の全年齢平均賃金から割り出したもので計算するべきとの最高裁の判決が出ており、平成28年では日給換算で9,750円になります。

また休業補償で補償される日数も、入院と通院した日数の合計となります。
2週間入院をして、完治まで20回通院したのならば、14+20=34日となります。

ですが、保険会社からこれらの事を丁寧に説明されることはまずありません。
保険会社からすれば、少しでも保険金の支払いを減らしたいからです。
「主婦だと休業補償はありません」
「休業補償は自賠責基準の5,700円です」
「休業補償されるのは入院期間の日数だけです」
と、事実とは異なる説明をされることがほとんどです。

そのため、3カ月入院、その後通院をしていて、100万円以上休業補償が受け取れるにもかかわらず、休業補償がもらえないと思い込み1円ももらっていないという方もいます。
個人で保険会社と交渉した場合、日額5,700円止まりと言う事がほとんどですので、入院期間が長かったり通院回数が多かったりする場合には、弁護士に交渉してもらった方が弁護士費用を差し引いても得となる事が多いです。

ご相談フォームはこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故に関するQ&A