交通事故の後遺障害等級が労災と自賠責で違ったら?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故に関するQ&A

交通事故の後遺障害等級が労災と自賠責で違うときの請求法

10

【質問】
通勤中、自転車に乗って交差点の横断歩道を渡っていたところ、前方不注意の乗用車に右側から追突される交通事故に遭いました。
体が道路に投げ出され、顔面・左手を骨折、右ひざは靭帯断裂の重傷でした。
そのまま10ヶ月間入院し、さらに1年間通院を続けたものの、今も顔や足に痛みが残っていて手指がうまく動きません。
通勤中の交通事故だったので労災を利用しており、自賠責保険も加入しています。

先日、自賠責の方へ後遺障害等級の申請をして14級に認定されました。
続けて労災の方も診断書を提出中で、結果を待っているところです。
交通事故や保険に詳しい知人から、労災の方が高い等級で認定されることが多いと聞きましたが、二つの認定基準は違うものなのでしょうか。
労災と自賠責、重複して受給できないことは聞いています。
もしも労災で12級の認定を受けられた場合、労災での保険金を受け取ればよいのか、それとも低い基準の自賠責の方に合わせなくてはならないのでしょうか。
長期間の治療に加え後遺障害が残り、これまでのように仕事が出来ない状態で、十分な賠償を受けられる方法を選びたいと考えています。

【回答】
自賠責の1級~14級までの後遺障害等級の内容は、労災の等級表に準じたものであり、ふたつの後遺障害等級認定の基準は同じと考えてよいでしょう。
それでも質問にあるように、自賠責と労災双方の認定結果が一致しなかったり、一方では認定されたのにもう一方で非該当、というケースがあります。
確かに、労災の方が高い等級になる傾向があると言われてきましたが、必ずしもそうなるわけではありません。

交通事故による後遺障害等級の認定結果が違ってくる原因としては、自賠責と労災に提出する診断書内容の違いが挙げられます。
診断書を作成する医師が違っていた、残存する自覚症状がきちんと記載されていない、など等級の判断に必要な検査結果が異なっているなどの可能性があります。
認定結果には異議申立てができますが、その場合、認定結果を覆すだけの根拠をもつ資料が必要です。

では、「労災では12級を受けられた」という認定結果を伝えることで自賠責でも12級を目指せるかというとあくまで参考情報にしかならず、症状の有無やレベルを示す診断のみが重視されます。
認定結果に異議申立てをした方がいいかどうかはケースバイケースです。
質問の状況の、労災では12級の後遺障害等級が認定された場合には、まずは労災給付を受け、そのうえで労災では項目がない慰謝料や、休業損害で相殺されなかった部分、つまり重複しない部分について、自賠責に請求することになります。

ご相談フォームはこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故に関するQ&A