自営業を営んでいた場合、交通事故の損害賠償請求は?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故に関するQ&A

自営業を営んでいる状況で交通事故に…損害賠償請求は?

5

【質問】
2ヶ月くらい前に交通事故に遭い、指と上腕を骨折してしまいました。
この怪我で困ったのが、仕事に影響が出た事です。
私は自営業で飲食店を営んでおり、多くはないものの予約を頂けるほどの状況まで経営が上手くいっていました。

しかし、料理人として要でもある指や腕を骨折してしまった事により、お店は休まざるを得なくなりましたし、それまで入っていた予約に関しても、こちらからお断りしなければならない状況になったのです。

当然、交通事故に遭わなければこういった被害を受ける事もありませんでしたので、損害賠償として請求する事はできるでしょうか?
予約をキャンセルしてもらう事になるため、自営業の評判にも大きく関わる問題だと考えています。

【回答】
交通事故による損害で認められるものは、怪我をしたり、物が壊されたりする事、そして金銭的な損害も請求できるのがほとんどです。
主な例をあげますと、サラリーマンが交通事故で仕事を休んだ場合の休業損害でしょう。

そしてこれは自営業を営む方に関しても同様に言える事です。
自営業ですとサラリーマンと違い、月々の収入は一定ではない事が多い事から、主に前年度の収益を参考にして算出されます。

また、今回の事故で予約をキャンセルしなければなくなった事に関しても、一つの損害として認められる可能性があります。
仮に団体客が予約をしている状況とするなら、お店の損失は大きなものになるはずです。
ただ、その場合に請求できる損害は、食品等の原価を除いた利益の部分で、例えば3万円の料金に対して原価が1万円とするならば、2万円分の損害を請求できるという形になるでしょう。

しかし飲食店の予約は前もってキャンセルされる可能性があるため、一概に利益が確定しているものとも言い難いところはあります。
そのような部分が加害者側の保険会社との争点になる可能性も、少なからず考えられるはずです。

さらに、お店を休まなければならない事で、在庫として残っていた食材の消費期限が過ぎるなど、いわば商品に対する損害も発生していると考えられます。

予約や在庫のほか、お店の売り上げに関する損害を主張するには、弁護士の力を借りるのが一つの選択肢としてあげられます。
慰謝料の請求のほか、お店に発生した損害を十分に請求するには、正当な主張と厳密な金額の算出ができるよう、一度弁護士に相談してみるほうが安心ではないでしょうか。

ご相談フォームはこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故に関するQ&A