交通事故で証言が食い違う場合は?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故に関するQ&A

交通事故で相手方と証言が違う場合には?

3

【質問】
先日交差点内で交通事故を起こしたのですが、相手と証言が違いもめています。

私の方は青信号で直進していたのですが、対向の相手方が無理な右折をしてきて、私の自動車の側面に相手の車が突っ込んできたような状況でした。
ですが相手は、「信号が赤に変わり矢印信号に従い右折しようとしたのに、信号無視して直進の車が突っ込んできた。」と言っていると、警察の事情聴取で聞きました。
事故の目撃者も現在の時点でいないらしく、警察もどちらの証言が正しいかわかりかねているようです。

お互いの言い分が食い違っているため、交通事故の過失割合が決まらず損保会社との交渉も止まったままとなっていて、大変困っています。
このような場合には、どのようにすればよいのでしょうか?

【回答】
交通事故の状況証言がお互いに食い違うのはよくあることで、中には警察の事情聴取が済んだ後にもかかわらず、警察への証言とは異なる証言を言い出すこともあります。
事故の過失が少ない方からすると、「交通事故の現場ではずっと私に謝っていて、警察にも自分の不注意だと言っていたのに…。」と納得できないことだと思います。

交通事故現場に居合わせた第三者の目撃証言があっても、交通事故後に家族や保険会社から入れ知恵をされたり、自己保身のために証言を翻すことは、交通事故に携わる弁護士などは嫌と言うほど見てきているくらい、普通にあることなのです。

「警察の調書があるから、嘘の証言を言っても仕方がないのでは?」と思われるかもしれませんが、過失割合は損保会社が決めるもので、警察は民事不介入の観点から口出しすることはありません。
人身事故の場合は実況見分調書が作成されるため、捜査完了後には開示請求をすることができますが、物損事故の場合は作成されないため証拠能力がないことになります。

では、どうすればよいのかと言うと、1つは車載カメラやコンビニの防犯カメラなどに録画された映像を証拠として提出することです。
事故の瞬間が映っていれば決定的な証拠となりますが、そういった可能性は低いため、周辺のコンビニや駐車場の防犯カメラに偶然映っていないかを確認する必要があります。
交通時の現場そのものが映っていなかったとして、事故を起こした車や他の自動車の流れで、その時の信号がどのような状態であったか推測できることもあるので、あきらめずに探してみる必要があります。

被害者と加害者、双方の損害保険会社での4者面談と言う方法もありますが、相手方が拒否するとすることができません。

一番現実的なのは交通事故調査会社などの第3者機関に、調査を依頼することです。
損保会社が介入している場合には、調査費用を損保会社が負担するところも多いため、負担が少なくて済むメリットがあります。

ご相談フォームはこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故に関するQ&A