むち打ちは完治すると断言できない理由とは

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

むち打ち

交通事故で負ったむち打ちは完治する?しない?

2022.9 むち打ち

日本国内で交通事故に遭って怪我をした人のうち6割はむち打ちになるという統計があります。
平成25年度における交通事故のけが人は約73万人なので、この年だけで44万人がむち打ちになったわけです。
毎年、何十万人もの人がむち打ちになっていたら、街中がむち打ちの人であふれてしまうように思えますが、実際には、むち打ち患者さんの多くは、症状が収まって完治し、もとの生活に戻っています。
むち打ちは、完治が可能な病気ということができるでしょう。

その一方むち打ちは、病巣の損傷が軽度な場合から重度の場合まであるので、「かならず完治する病気」と断言することはできないのです。

また、交通事故の直後は首や肩に痛みがなく、たいした怪我ではないと思っていたのに、翌日から徐々に痛み始めて、数日後には仕事に差し支えるほどの痛みに耐えきれず受診した・・など、むち打ちになった人は口々に、はじめはそれほど痛みがなかったのに、後からだんだん痛みがひどくなってきたと言います。

この、受傷した時期と怪我による症状が発現した時期のタイムラグが、被害者と保険会社の話し合いにおける大きな問題点となります。
人身事故の直後にむち打ちの諸症状を訴える場合は、相当に重度の損傷であり、ただちに病院で精密検査を受けることで、事故とむち打ちの因果関係を証明できます。

しかし、事故が発生してから数日後に痛みが出たり、ときには1週間以上経ってからむち打ち特有の症状が現れることも珍しくありません。
つまり、事故発生から日にちが経過しているので、交通事故で怪我をしたから痛むという事実を証明することが困難になるのです。

class="titleDecoration">保険会社の主張は?

任意自動車保険は、事故で怪我をした被害者の医療費を払ってくれますが、事故との因果関係がはっきりしない場合、または事故とは無関係の怪我や病気による症状については、医療費を支払いません。
むち打ちを完治させる治療でもめる原因の一つに、「交通事故発生から1週間経って発症した病気は、事故とは無関係である」と保険会社が主張することにあります。

しかし、むち打ちは筋肉の奥深いところに小さな損傷ができ、その痛みがだんだん強くなることが報告されています。
ごく軽度の、しかも深いところにある傷は、初期の検査でも見逃されやすく、痛みが出て、はじめて「もしかしてむち打ちかもしれない」と気づくのです。

保険会社との交渉で、むち打ちと交通事故の因果関係を認めさせるには、事故の直後に精密検査を受けて記録を残すことです。
時系列に沿った客観的な記録は、示談交渉で被害者の主張を立証する強い味方となります。

むち打ちと交通事故の因果関係が認められない場合にはまずは弁護士への相談を検討してみてください。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOMEむち打ち