むち打ちは既往症があれば素因減額される?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

むち打ち

むち打ちとなった場合の、素因減額とはどんなもの?

むちうち3

交通事故でむち打ちを負った際の損害賠償金に対して、素因減額がなされることがあります。
素因減額とは何かというと、「もともと被害者が持っていた因子の分は、損害賠償の金額を減額しましょう」ということです。

例えば、交通事故でむち打ち症状を訴えている患者が、長年裁縫を生業としており、以前から肩痛や腕のしびれで通院をしていたとします。
そうなると保険会社からすれば、「もともと交通事故の被害者は、職業病として肩痛や腕のしびれなどで通院しており、交通事故が原因のむち打ちとは認めがたい」との主張がされます。

被害者からすると保険会社の主張は理不尽に感じるかもしれませんが、素因減額は判例でも、「被害者に生じた損害のすべてを、加害者に負担させることが不公平であり、不当である」と認めるものもあります。

これは、交通事故の被害者は保護されるものではあるが、拡大解釈により以前からの持病や障害・心因的なものを、交通事故の損害賠償請求から排除するという考えになります。

どういった場合に素因減額される?

では、具体的にどういった場合に素因減額されるかを挙げていきます。

1つ目は、交通事故以前から既往症や持病がある場合です。
先述例に挙げたように、以前から肩こりや肩痛・腕のしびれがあり、通院や入院歴がある場合には、素因減額の対象になります。

また、通院や入院歴がなくても、年齢や性別・生活習慣・職業履歴から、「むち打ちに似た症状が、日常的にあったと推測される」といった場合には、素因減額がされる可能性があります。

他にも、生まれつき頸部に障害があったり、頸椎が健常者よりも著しく細かったりなど、少しの衝撃でもむち打ちの症状が出やすいといった場合にも、素因減額が鑑みられることもあります。

2つ目が、心因的に痛みや症状を過大に、むち打ち症患者が訴えていると認められる場合です。
むち打ちの場合は、レントゲンやMRIなどで医療的な見解がない状態のことがほとんどですので、「痛みの原因がないのに、痛みを訴えているのはおかしい」と裁判所が判断することもあります。

特に厄介なのが、むち打ち患者が「加害者憎し」の感情から、自分でも知らず知らずに痛みを過大に表現しており、医師や裁判所からそれを指摘されても認めないといったケースです。
むち打ちの患者があまりにも強弁に出てしまうと、「詐病」や「詐欺」と受け取られかねないため、患者自身も気をつける必要があります。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOMEむち打ち