右折、左折時の自動車同士の交通事故とは

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 アディーレ法律事務所の業務停止でお困りの方へ 当弁護士団のシンポジウム 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故の法的基礎知識

自動車対自動車の右折、左折時の交通事故について

11-8

右折、左折時の交通事故とは、右折、左折をしている際に発生する交通事故です。
右直事故については既に触れているのでここでは省きます。
この類型の中にもいろいろと類型があるので、それぞれ分けて説明したいと思います。

1.左、又は右方向から進入してきた場合
この類型は直進車から見て、交差点の左側の道路又は右側の道路から、自動車などが右折又は左折してきた際に衝突して発生する交通事故です。
ちなみに、左側、右側の道路から直進車が出てきた場合には、出会い頭事故になります。

信号機のある交通整理された交差点においては、一方が信号無視をしていることになるので、信号無視をしている方が一方的に過失があります。
なので、問題になるのは交通整理がされていない交差点であり、この類型の交通事故は、見通しのきかない交差点で発生することがほとんどです。

この類型の場合、出会い頭事故と同様に、一時不停止や交差点通行の優先順位違反、安全確認不足などによって発生します。
交通整理のされていない交差点なので、右折車、左折車は、速度があまり出ていないことが多いですが、直進車はスピードが出ている場合も多いです。
特に、直進車の道路が幹線道路などである場合には、スピードが出ている場合も多いでしょう。
この場合過失割合は、自動車の位置関係や、優先道路、道路の広さなどの優先関係、一時停止規制の有無等によって大きく変わってきます。

2.左折車と直進車の交通事故
この類型は左折しようとしている自動車と、直進してきた自動車とが衝突する交通事故です。
この場合、2つの自動車が同一道路の場合と、交差している道路からのものと2種類ありますが、ここでは、交差する道路の場合について述べます。
同一道路の場合には、後で別に述べたいと思います。

この場合も、交通整理のされている交差点においては、一方が信号無視をしていることになるので、信号無視をしている方が一方的に過失があります。
なので、問題になるのは交通整理がされていない交差点であり、この類型の交通事故は、見通しのきかない交差点で発生することがほとんどです。

この類型の場合、一時不停止や、安全確認不足、場合によっては直進車の徐行義務違反やスピード違反によって発生します。
左折しようとする自動車は減速していることがほとんどです。
しかし、直進車の方はある程度スピードが出ていることも多く、この場合は重大な交通事故になることもあります。
この場合の過失割合は、道路の広さ等の優先順位や、道路の見通しがきくか、徐行義務の違反があるかなどによって変わってきます。

3.右折車同士
この類型は、右折しようとしている車両同士が衝突して発生する交通事故です。
また、この類型の中にも対向車同士が右折して衝突する場合と、交差する自動車同士が衝突する場合があります。
この類型の場合、右折をしようとしている自動車同士ですから、基本的にゆっくりと走っていることが多く、重大な交通事故にはなりにくいと言えると思います。
この類型の過失割合は、道路の優先順位や、右折方法の違反が無いか等によって調整されます。
 
4.左折車と対向右折車
この類型は、左折自動車と、右折してきた対向車との衝突事故です。
簡単に言えば、同じ方向へ曲がろうとした自動車同士の交通事故です。
この類型の場合、衝突するのは交差点の中に入り、曲がっている途中ですから、基本的にどちらの自動車もスピードは落ちており、重大な交通事故にはなりにくいと思われます。
この類型の交通事故が発生する原因としては、左折車が左折を始めたところ、右折車が、左折を妨害するように進入してくることによって発生することが多いです。
この類型の場合、基本的には左折車が優先されることから、右折車の過失が重く評価されることになります。
しかし左折方法の違反等あれば、左折車の責任がより重く評価されることになります。
 
5.右折車(左折車)と後続直進車
この類型は、右折または左折しようとしている自動車とそれを追い越そうとした自動車とが衝突した場合の交通事故です。
この類型の場合、右折車(左折車)が道路の中央(左端)によっている場合と、右折車(左折車)が道路の中央(左端)によっていない場合に交通事故が発生します。
右折車(左折車)が道路の中央(左端)によっている場合は、その交差点において、追い越しが許されているかどうかによって、過失割合が決まります。
追い越しが許されない場合、後続直進車に重い過失が認められます。

右折車(左折車)が道路の中央(左端)によっていない場合、右折車(左折車)に重い過失が認められます。
なお、進路の道路が鋭角をなしている場合や、進路の道路が狭い場合、トラックなど車の長さが長い自動車であるなど、右折(左折)する際に道路の中央(左端)によったのであれば、曲がりきれない場合があります。
さすがに、この場合には、右折車(左折車)の過失割有が考慮されます。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故の法的基礎知識