家族が死亡事故に遭った場合の弁護士の選び方は?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

死亡事故

死亡事故に強い弁護士の選び方のコツは専門的な知識と実績

11月死亡事故

交通事故による死亡事故の損害賠償金は高額になります。
そのため、弁護士に依頼しての対応が基本となります。
そして、弁護士の選び方ひとつで場合によっては数千万円単位で死亡事故の損害賠償金が変わる場合もないわけではありません。
死亡事故により肉体的や精神的に疲弊しているご家族だけで対応しようとは思わずに、まずは弁護士に相談することを考えるのが望ましいです。

弁護士の選び方においてポイントになるのは専門的な知識があるかどうかです。
豊富な医療知識と工学的知識を有することが損害賠償金アップの理由になります。
さらに、実績があるかどうかも大切になります。

弁護士の選び方を間違えると適切な対応をしてくれない場合もあります。
弁護士資格を持っているのなら対応することは可能であるものの、望むべく損害賠償金を得るための専門的な知識と実績がないのなら、別の弁護士を選択すべきです。
どの弁護士を選択しても同じと考えるのは大きな間違いであり、最後まで徹底してサポートしてくれる弁護士を選択すべきといえます。

加害者の保険会社からの提示について

加害者の保険会社から提示される金額は適正なものとは言い難いです。
あくまでも支払い金額を少なくすることが保険会社の考えであるためです。
弁護士基準で慰謝料や逸失利益が認められるべきと交渉すれば、大幅な損害賠償金の上乗せができる場合もあります。

交通事故による死亡事故で争点となることが多いのは過失割合です。
加害者側に過失が100ある場合と被害者側に過失が100ある場合では大きな金額差が生じます。
しかし、目撃者もおらず加害者側が被害者の信号無視を主張すれば、解決するのは難しいです。
この場合は自動車の損傷状況による工学的な視点で速度超過があるかどうかなどを調べていくことになります。

加害者の保険会社は一見もっともらしい理由をつけて説明をしてくるため、そのまま鵜呑みにしてしまう人も少なくありません。
加害者の保険会社から提示される金額から数千万円単位で上乗せできた事例も少なくありません。
安易に示談を成立させてしまうことがそのまま後の後悔につながってしまうため、まずは弁護士の選び方のポイントをおさえて専門的な知識と実績を有する弁護士探し、相談をしましょう。

自賠責から回収したうえで、保険会社の自己負担となる分から回収することも可能です。
専門的な知識と実績を有する弁護士がサポートすれば、よりよい結果につながっていきます。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME死亡事故