死亡事故における弁護士の探し方、選び方は?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

死亡事故

死亡事故で弁護士を雇いたい時、探す時の留意点

死亡事故1

死亡事故のように、深刻な交通事故案件であればあるほど、弁護士のように法的な知識を持つ専門家を被害者は味方につける必要があります。

裁判所基準で慰謝料を請求して増額を図ったり、各種手続きを任せたりするほか、相手との示談交渉の場においても、自分でするより弁護士に任せたいものです。
しかし、一口に弁護士に依頼するといっても、全国を見渡すと多くの弁護士事務所が存在するため、どこから探すべきなのか迷われる事はあります。

まず重要なポイントとしては、交通事故に関する事件をこれまでに多く扱っているかどうかを確認すべきです。
もちろん弁護士としての長い経験を持たれている事に越した事はありませんが、交通事故のように加害者側との示談交渉の機会がある場面こそ、経験が求められます。
そこに関しては弁護士に直接聞いてみるのも良いですし、あるいはホームページ上に記載されている過去の案件など、キャリアについては探りを入れるのが望ましいでしょう。

訴訟経験が交通事故では重要に

死亡事故のような事件では、任意の示談交渉ではスムーズに話が進まないこともあり、最終的には示談が成立しないと裁判が必要となります。
その場合、やはり弁護士が過去に訴訟経験があるのかが重要で、中でも交通事故に関する案件を取り扱った事があるのかどうかは見過ごせません。

死亡事故における慰謝料は数千万という単位になり、交渉次第で100万円単位のお金が上下するものです。
逸失利益や葬儀費用など、細かいところまであげると多くの損害賠償項目があるため、個人で対応するには難しく、だからこそ経験のある弁護士の力が求められます。

また、経験が豊富な弁護士であればあるほど、保険会社との示談交渉がスムーズに進むほか、被害者にとって有利に進められる利点があります。
これらのことから、やはり交通事故関連の案件に関わっていたかどうか、その弁護士のキャリアは必ず確認するべきでしょう。

軽いむち打ちなどとは違い、死亡事故は遺族にとって精神的に辛い事故です。
少しでも納得できる慰謝料を請求し、その上精神的な負担を取り除くよう、スムーズに書類作成や手続きを進めてくれる弁護士を探すように心がけましょう。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME死亡事故