死亡事故による損害賠償金をスムーズに受け取る方法

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

死亡事故

死亡事故の加害者は本当に損害賠償金を払ってくれるの?

死亡事故4

日本における交通事故の損害賠償金の最高額は約5億円です(平成23年横浜地裁)。
加害者がこのような高額の損害賠償金を本当に払ってくれるか、死亡事故の被害者遺族は不安を覚えるのではないでしょうか?
結論を申し上げると、加害者が任意自動車保険に加入しており、契約条件で対人無制限になっていれば、被保険者である加害者に支払い義務がある金額を上限なく支払います。
ここで注意すべきは、「加害者に支払い義務がある金額」という点です。
例えば、死亡事故における加害者の損害賠償金額が5000万円という判決が出たとします。
その一方で、被害者と加害者の過失割合は4:6と認定された場合、被害者が請求できる賠償金額は5000万円の6割である3000万円であり、加害者が対人無制限の保険に加入していたとしても、被害者に支払われる保険金は3000万円で、さらにそこから自賠責保険で支払われた保険金額を控除した金額が、実際に支払われる損害賠償金額です。

上記のように損害賠償金がスムーズに支払われるのは、あくまでも交通事故の加害者が任意自動車保険の対人無制限契約に加入していた場合であり、加害者が任意保険に加入していなければ、被害者に対する補償は激変します。

損害賠償金をスムーズに受け取るためには?

端的に申し上げると、自賠責保険で補償される金額を超える損害賠償金の支払いは、全て自己負担となってしまうのです。
自賠責保険では、死亡事故による損害の上限は3000万円と定められています(自動車損害賠償保障法13条に基づく自動車損害賠償保障法施行令2条)。
死亡事故における損害賠償金額が1億円という判決が出た場合に、自賠責保険には加入していたが任意保険未加入だった加害者は、自分で7000万円を支払わなければならないのです。
よほどの富裕者でないかぎり、7000万円をポンとは払えませんから、加害者は損害賠償金の支払いに苦慮することになり、被害者は、いつまでたっても損害賠償金が支払われないことにより苦しみが倍増します。

加害者が任意保険に未加入でありながら、無責任で損害賠償をする意思がない場合や、経済的に困窮していて支払い能力がない場合は、損害賠償金を受け取れません。
このような場合は、「被害者請求」を検討してください。
被害者請求とは、加害者が任意保険に加入していない場合や、加害者が任意保険に加入しているものの保険会社の対応に誠意が見られない場合に行う手続きで、死亡事故における自賠責保険の保険金を示談の成立を待たずに受け取ることができます。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME死亡事故