加害者が死亡した死亡事故の損害賠償金は?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 アディーレ法律事務所の業務停止でお困りの方へ 当弁護士団のシンポジウム 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

死亡事故

死亡事故で遺族に損害賠償請求された場合はどうなる?

死亡事故1

死亡事故は本人はもちろん、残された遺族にも痛ましい事故なのですが、死亡した方に過失が大きいこともあります。

対向車がセンターラインをオーバーしての衝突事故の場合、センターラインをオーバーした側に過失があります。
しかし、センターラインをオーバーした自動車の運転手が死亡、追突された側が怪我という死亡事故の場合、生存している被害者が死亡した加害者側に請求することになります。

通常、衝突した側の自動車に自動車保険がかかっていれば、被害者は保険会社に請求することになります。
自動車保険に加入していなければ、自賠責保険に請求という順番になります。
それでも、請求している損害賠償請求額に足りない場合には、オーバーした分は加害者に請求することになります。

そのため、加害者が生存している交通事故で加害者が払わない場合には、加害者に預金や不動産などの資産があれば裁判所の差し押さえで精算され、無ければ分割での支払いで給与の差し押さえをすることも出来ます。

死亡事故の加害者遺族は相続の選択を慎重に

しかし、加害者が死亡した死亡事故の場合には、損害賠償の請求先は、加害者の法定相続人になります。
仮に、損害賠償請求の金額が3000万円で、加害者名義の預金が2000万円あったとした場合、足りない1000万円は法定相続人が支払うことになります。

加害者に妻と子供が1人いれば、妻は2分の1、子供は2分の1の負担になります。
子供が1人の場合には、子供だけに100%の損害賠償請求が行くことになります。
しかしながら、加害者の遺族にそれだけの資金力があるかどうかはかなりの未知数で、加害者の遺族には支払い能力がないことの方が多いです。

反対に、死亡事故の加害者の遺族からすると、「死んだ家族が悪いのは分かるが、莫大な損害賠償金を支払えない」と考えることもあります。

加害者・被害者の双方の死亡事故の場合、被害者家族には損害賠償請求権が、加害者家族には損害賠償責任が相続されます。
あくまで相続権ですから、加害者家族の方は相続放棄をすれば、損害賠償金を支払わなくてもよくなります。

被害者側からすれば納得が出来ない話かもしれませんが、事故を起こしたのはあくまで加害者本人で、加害者の家族が起こしたものではないため、そこまでの責を強要することはできません。

よく、「子供がおこした交通事故なんだから、親が責任を持って払え!」という話を聞きますが、法的には子供が未成年でもない限り、親に責任はないことになります。
逆に、執拗に要求をした場合には、被害者といえども強要罪や脅迫罪となることもありますので注意が必要です。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME死亡事故