遷延性意識障害となった際に頼れる弁護士について

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

遷延性意識障害

交通事故で遷延性意識障害となった場合、弁護士の力は必要?

遷延性意識障害4

遷延性意識障害は、交通事故における傷病の中でも極めて重篤であり、後遺障害等級で第1級や第2級に相当するものです。
被害者が将来的に得られるはずだった利益である逸失利益、そして後遺障害慰謝料、そのほか将来的な介護費用等、全てを併せると極めて高額な損害賠償になります。

意識の戻らない、いわば植物状態と言えるほど深刻な症状であるため、被害者本人はもちろん、ご家族にとってはお金で納得できる事ではないと言えます。
しかし、精神的な苦痛はもちろんですが、遷延性意識障害患者は要介護となる状態であるため、将来的にかかる費用は必ず請求しておくべきです。
介護費用や介護に必要な雑費に関しても、加害者側に請求する事が出来ます。

これらのように多岐にわたる請求項目があり、高額な損害賠償請求となるため、営利企業である保険会社は支払いを渋ったり、安く金額を算定したりするのも珍しくありません。
そのような状況では、被害者のご家族だけで、納得いく形に近づけるのは少々困難であるのが予想されます。
交通事故で遷延性意識障害のような深刻な傷病を患った時こそ、弁護士のような専門家の力が求められます。

弁護士の力を借りるという選択肢

一般の方が相手の保険会社と交渉しても、納得いく示談金を提示されるとは限らず、争点が生じる可能性が高いです。
保険会社が提示する金額と裁判所基準の金額に大きな開きが生じる例は決して珍しくなく、保険会社の言う事を鵜呑みにして示談してはいけません。
交渉してすんなり示談で解決する事はそれほど多くなく、そのまま裁判へ持ち込まれる例が多々あります。
そういった事を考慮すると、交通事故に強い弁護士の力は、示談交渉において欠かせないとも考えられます。

遷延性意識障害患者の余命と逸失利益に関わる争点、将来的な介護費等に関する事など、加害者側と争いになる可能性はいくつかあります。
被害者が遷延性意識障害となってしまった場合、被害者にかわって損害賠償の請求を行う成年後見人を選任する必要があり、そこに弁護士を選ばれる方も多いです。

むち打ちや骨折などの怪我をする交通事故においても弁護士が活躍される事は多いですが、遷延性意識障害のような重篤な後遺症を負った時こそ、法的な知識や交渉力が強く求められるでしょう。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME遷延性意識障害