遷延性意識障害患者の個室利用は認められるの?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

遷延性意識障害

遷延性意識障害患者の個室利用料は支払ってもらえる?

遷延性意識障害1

遷延性意識障害患者が入院していると聞くと、個室で様々な医療機器やチューブに繋がれているイメージですが、実際にはそうではありません。
交通事故直後で容体が安定しない間は、ICUや個室に入院することもありますが、容体が安定した後は一般病棟に移ることもあります。

遷延性意識障害患者の家族の方は、「遷延性意識障害となった家族の介護に専念したい」、「遷延性意識障害患者を介護している姿を他の人に見られたくない」など、様々な理由から個室を希望されることが多いです。

ですが、個室の場合は1日で1万円以上かかることも珍しくなく、1カ月入院をすると個室代だけで30万円を超えてしまう事すらあります。

では、遷延性意識障害という事で、なるべくICUに居させてもらえればと、単純に考えてしまうかもしれませんが、ICUへの入院代は1日で約13万円ととても高額で、個室代わりに使うという事は現実的ではありません。

病院側としても、容体が重篤な患者がいつ運ばれてくるかもわかりませんので、個室代わりに遷延性意識障害患者を入室させ続けるというのは、あり得ない選択だと言えます。

個室利用料を保険会社に認めさせるには要件がある

そもそも交通事故の治療は健康保険の適応範囲内でと決められていますので、個室を希望したとしても健康保険適応外として個室代は実費となります。

肺炎などの感染症に罹患し、隔離が必要なために医師の指示で個室に入るというような場合には健康保険の適応となりますが、遷延性意識障害で容体が安定している場合は、一般病棟でも治療できるとされています。

そのため、先述のような「遷延性意識障害となった家族の介護に専念したい」、「遷延性意識障害患者を介護している姿を他の人に見られたくない」といった理由では、保険会社は個室利用料を負担をすることはありません。

遷延性意識障害患者を受け入れている病院で、遷延性意識障害患者専門の病棟を供えているところでは、病室はオープンフロアーにしているところがたくさんあります。
看護師の目が届きやすいという利点のほか、人の気配や声などの外的な刺激などがあり、患者の意識回復に役立っているとの考えもあります。

交通事故で遷延性意識障害となったとはいえ、個室利用料は自費になるという事は心得ていた方が良いと言えます。
また、医師の指示により個室を利用せざるを得ない場合には、保険会社の方に「医師の判断で個室に入室している」という旨をしっかりと伝えておいたほうが良いでしょう。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME遷延性意識障害