遷延性意識障害患者の転院先の見つけ方

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 アディーレ法律事務所の業務停止でお困りの方へ 当弁護士団のシンポジウム 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

遷延性意識障害

遷延性意識障害の患者の転院先を見つけるには?

遷延性3

多くの遷延性意識障害の患者家族が抱える悩みに、「転院先が見つからない」と言うものがあります。

遷延性意識障害の家族を自宅で介護するには、並大抵でない覚悟と家族の献身的なお世話が必要になります。
ですが、遷延性意識障害の患者家族のすべてが自宅介護できるかというと、「介護する側自身も高齢で無理」「仕事をして家計を支えているため、辞めて介護をすると生活が出来ない」「住んでいるのが賃貸アパートなので、介護ベッドなどを置くスペースがない」「古い自宅なので、自宅介護に向いていない」と、様々な理由から医療施設での療養を望まれる方が多いです。

しかし、今の医療制度では病院であれば3カ月で転院を余儀なくされますし、長期的に預かってもらえる療養施設は何年も順番待ちであったりすることもあります。
そのため、遷延性意識障害の患者が入院中であっても、常に転院先の病院を探し続けなければいけず、転院先探しに疲弊されて無理を承知で自宅介護をされる方もいます。

転院探しで有効なのは「ツテ」

では、入院中に転院先を見つけるにはどうすればよいかというと、まずは入院中の病院の医師やソーシャルワーカーに相談することです。
大きなグループ病院であれば同じ系列の病院に転院出来ることがあり、医師自身のつながりで同期や医師が勤めている病院に打診してもらえることがあります。
ソーシャルワーカーの方は地域医療と連携していることが多く、同一市内や同一都道府県の病院に転院できないか打診してくれることがあります。

もし、病院で転院先が見つからない場合には、自治体の保健センターや福祉課に相談に行きます。
窮している現状を説明すれば、保健センターの保健師や自治体の担当から、遷延性意識患者が入居できる病院や施設がないか知らべてくれます。

もう一つが、遷延性意識障害患者の関係者に聞くと言う事です。
遷延性意識障害の家族会の方は、転院問題を何回も経験してきた方々になるので、今まで転院してきた病院を教えてもらうのは、かなり確実な方法になります。
また、遷延性意識障害の患者の交通事故の案件を多く取り扱っている弁護士事務所は、自然とそういった病院に詳しくなりますので、思い切って弁護士に相談してみるのも一つの手です。

最近は療養施設の状況が変わってきて、地方の療養施設などは入居者の減少により、入居しやすくなっているところもあり、中には定員割れをして即入居できる施設まで出てきています。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME遷延性意識障害