交通事故による骨折で脊髄損傷になることがある?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

脊髄損傷

交通事故による脊椎骨折が治らず脊髄損傷となるケースとは

11月脊髄損傷

脊髄損傷は、文字通り治療不可能な脊髄が損傷するため、損傷後すぐに麻痺やしびれなどの症状が出ることが多いです。
しかし、交通事故直後は麻痺の症状が出なかったにもかかわらず、数日~数週間たってから麻痺が出ることがまれにあります。

交通事故で脊髄損傷となるケースとしては、脊髄だけが損傷するケースと脊髄の周りにある骨の脊椎も骨折するケースがあります。
脊椎の骨折だけであれば、骨折が自然治癒もしくは手術等による治療を行えば回復しますが、脊椎の骨折が自然治癒しない人もいます。
高齢者や骨粗しょう症などの持病がある場合には、脊椎の骨折が完全に治癒しないことがあり、脊椎骨折患者の約15%は骨折が完全回復しないと言われています。

脊椎の骨折が完全回復しないとどうなるかというと、家の柱が折れたままと同じ状態であるので、骨折した部分に自重がかかってしまいます。
脊髄は脊椎という骨の柱の中に通っている柔らかい神経の束なので、脊椎が骨折している部分の脊髄が圧迫されてしまい、脊髄を通る神経伝達に障害が出て麻痺やしびれが出てきます。

脊椎骨折を放置すると脊髄損傷を招く

脊髄が圧迫されて起こる麻痺やしびれは、圧迫が解放されると一気に病状が好転することが多いです。
ホースを踏んでしまうと水が出なくなりますが、足を退けると水の流れが元に戻るように、脊髄の圧迫の場合は圧迫の原因を除けば快方に向かいます。

しかし、脊髄が圧迫され続けると負担がかかりすぎて、ついには脊髄損傷を招くことになります。
また、骨折が十分に治りきっていない場合は、骨折した脊椎のかけらがやすりやナイフのように脊髄を傷つけてしまうケースもあります。
そのため、交通事故直後は『脊椎の骨折がある』だけだったのに、骨折が十分に治りきらず脊髄損傷を併発してしまう危険性があります。

このような脊髄損傷は、交通事故からかなりたってから受傷してしまうため、加害者側から「交通事故からしばらくたってから発症した麻痺は、交通事故の怪我とは別のことが原因」と、主張されてしまう事があります。
担当医師が「交通事故で受傷した脊椎損傷による脊髄損傷」との診断をした場合でも、「過度のリハビリで受傷部分に負担をかけすぎたからではないか?」とか、「自宅療養中に転倒したことが原因ではないか?」と、医療機関や患者に脊髄損傷が発症した遠因があるのではといった主張がされることもあります。

このような場合、医療機関との連携とともに、弁護士に相談の上弁護士を通して交渉する方が良いでしょう。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME脊髄損傷