脊髄損傷で弁護士に示談交渉を依頼するメリット

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

脊髄損傷

交通事故による脊髄損傷の示談を弁護士に依頼する利点とは?

脊髄損傷4

最近になって、交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するという事が少しずつ浸透してきていますが、まだまだ弁護士に依頼するのに抵抗があることが多いのも事実です。

交通事故で脊髄損傷となり弁護士に示談交渉を依頼した場合の利点を、例をあげながら説明していきます。

1.受け取れる損害賠償金額が増額する
自動車による交通事故の被害者の場合、最低限の補償に自賠責保険があります。
自賠責保険は被害者救済の観点から、支払い要件が緩和されている反面、金額が少ないという特徴があります。

足りない分を補うのが任意加入の自動車保険なのですが、保険会社は営利目的で運営しており、保険金の支払いは自賠責保険に準じた基準をもとに計算するので、自賠責と同等か少し高いといったところです。

しかし、弁護士が保険会社に請求する金額は裁判所の判例に基づいた金額になります。
裁判所はより実情に即した損害賠償金額を認めているため、自賠責基準と比べると時として数倍以上の違いとなることがあります。

特に脊髄損傷では損害賠償金額の増額が著しい事例もあるため、弁護士に相談だけでもしてみると良いです。

金額だけでは測れないメリットも

2.法的なアドバイスが受けられる
交通事故では道路交通法のほかに、刑法や民法などの法律が絡んできます。
そのほかにも脊髄損傷の場合では、後遺障害の認定や身体障害者の認定など、様々な手続きが必要となってきます。

初めて交通事故に遭い、分からないことだらけで保険会社の言いなりのままに示談をしてしまい、後になって後悔するという事が多く見られます。

しかし、そこに弁護士の仲立ちがあれば、的確なアドバイスができるため、示談交渉のほかに交通事故の処理もスムーズに進むことになります。

3.示談交渉を代わりにしてくれる
加害者や加害者側の保険会社と代わりに示談交渉をしてくれるのも、大きな利点の一つです。

交通事故の被害者の中には、加害者などと係争になり直接会うことを苦痛と感じる方も多くいます。
脊髄損傷の患者の中には、患者自身が病院から身動きが取れないため、示談交渉自体が体に負担がかかるというケースもあります。

また、仕事が多忙な方は示談交渉のための時間が取れないといった、時間的な理由から弁護士に依頼されることもあります。

弁護士に依頼と言うとどうしても費用の事が目にいってしまい、心理的に抵抗があるかもしれませんが、利点を正しく理解した上で依頼するか検討してみても良いでしょう。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME脊髄損傷