脊髄損傷に対して行われる手術の意味合いについて

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

脊髄損傷

交通事故で脊髄損傷となった場合、どんな手術が行われるの?

脊髄損傷3

現在の医療技術では、脊髄損傷は不治の障害とされています。
脊髄損傷は、背骨(脊椎)内の神経の束である脊髄が断裂した状態を指すのですが、この脊髄は他の神経組織や体組織と違い再生ができず、切れてしまうとくっつかないため、不治の病とされています。

「脊髄損傷の治療で手術をします」と医師から言われても、脊髄損傷の知識がある方ならば、「治らないのに手術をしてどうするのだ?」と疑問を持たれるかもしれません。
しかし、手術することにより脊髄損傷の症状を緩和したり、悪化を防ぐことができたりするため、手術が行われることがあります。

交通事故で脊髄損傷となった場合、脊椎の骨折を伴うことがあります。
脊髄は脊椎の中を通っていますので、骨折した骨片により脊髄を圧迫したり、時として脊椎を新たに損傷する危険性があります。
例えて言うのならば、ストローが脊椎・うどんが脊髄で、ストローの中にうどんが通っている状態だとします。
ストローが折れてささくれ立ってしまうと、ストローが折れてとがっているところで、中のうどんを傷つけてしまったり、真っ二つに切ってしまう危険性があります。

それを予防する意味で、脊髄損傷でも手術をすることがあるのです。

神経除圧術と脊髄固定術

脊髄損傷に関係する手術には大きく2つあります。

1つが神経除圧術です。
脊髄は神経の束であり、筋肉を曲げる、体温調節をする、痛覚や触覚などを脳に伝えるなどの神経の伝達を、電気刺激という形で行っています。
折れた骨などが脊髄を圧迫してしまうと、この電気伝達が阻害されてしまうため、手足に痺れが出たり、痛覚などの感覚麻痺が起こったりします。

この場合、折れた骨片を除去したり、脊髄を圧迫している骨の出っ張りを削るという手術が行われます。
もともと、脊髄が圧迫されていることにより症状が出ているため、圧迫を取りのぞいて脊髄部分の炎症が治まると、劇的に回復することがあります。
当初は重度の脊髄損傷と思われた患者が、神経除圧術の手術をしたところ、軽度の症状にまで回復したという例もあります。

2つ目が脊髄固定術です。
交通事故で脊椎が複雑骨折したり、脱臼で大きくずれていたり、骨粗しょう症などで骨がもろくなっている場合には、現状では脊髄損傷ではない部分まで脊髄損傷となったり、脊髄損傷の部分がさらに拡大する危険性があります。

それを防ぐ意味で、本人の骨盤から骨をとって脊椎に移植したり、金属のプレートを使ってボルトで固定するといった手術が行われます。
この手術は、脊髄損傷を改善するというよりも、現状よりも悪くしないといった意味合いが大きいです。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME脊髄損傷