交通事故に遭ったら、直後にすべき事とは?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故に関するQ&A

父が大怪我を負う交通事故に遭いました。事故直後にするべきことは?

1

【質問】
父が自動車で通勤途中に、信号を無視した自動車と交差点内で衝突する交通事故に遭いました。

警察からの連絡を受け、母と搬送された病院に駆け付けたのですが、骨折や打撲など全身に大怪我を負っており、現在意識不明です。
医者からは、「3日間ほどがヤマです」と言われており、ICUに入った父に母が付きっきりでいます。

警察には事情を聴きたいので、落ち着いたら署員が病院に来るか、警察署に来てもらいたいと言われています。
これから先、いろいろと手続きが必要となるのでしょうが、事故直後にはどういったことをすればよいでしょうか?

【回
答】
ご家族が交通事故に遭った場合、第一に安否の確認が必要になります。
まずは、本人と話ができるようであれば本人と直接連絡を取る、出来ないようであれば搬送された病院に行って本人確認をする必要があります。

事故が起きて通報されてから、警察では現場検証や事故の当事者や目撃者からの聞き取りがされています。
本来ならばお父様も事故の当事者として、事情聴取に応じなければいけないのですが、入院中と言う事もあり、意識が回復次第事情聴取となりますが、本人の意識が回復しない場合などは、事故当日のお父様の状態や持病の有無などをご家族に聞き取りされることになります。
ですが、これは即日しなければいけないものではないので、警察から即時の要請がない限りは、後日落ち着いてからで問題ないです。

お父様は通勤途中と言う事ですので、まずは勤務先に交通事故に遭った事と、しばらく入院するとの旨を伝えておきましょう。
そうでないと、会社側も無断欠勤として対応に追われることになり、復職の際に支障が出ないとも限りませんので早めに伝え、会社からの「契約書を持っていませんか?」「業務に必要なデータを持っていませんでしたか?」といった問い合わせにも、出来る範囲で対応する方が良いでしょう。

他にも、保険会社への連絡も必要になります。
自動車同士の交通事故の場合、お父様の怪我の程度が大きいとはいえ過失割合が0:10となる事は少ないため、お父様の自動車保険も利用することになると思われます。
加害者側の保険会社は加害者本人が連絡をしますが、お父様が加入していた自動車保険の損保会社には、家族の方が代わりに連絡することになります。

また、警察から聞いた事故状況や加害者の態度などで、今後の対応に不安があるのでしたら、早期の段階で弁護士に介入してもらうことも検討をした方が良いでしょう。

ご相談フォームはこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故に関するQ&A