交通事故の示談交渉を他人任せたい場合には?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故に関するQ&A

交通事故における示談交渉は他人に任せる事は可能ですか?

4

【質問】
ついこの間、私が買い物のために自宅の近所を歩いている際、標識を無視して走行してきた車にぶつかられ、肋骨を骨折する怪我を負いました。
交通事故後、すぐに入院し、入院中に保険会社とのやりとりも何度か行っていましたが、まだ入院中であるため、当然ですが示談はしていません。
しかしこれから先、私の怪我が治っていけば、ゆくゆくは示談交渉をしていく事と思います。

そんな時、旦那の父親、つまり私にとっての義理の父が、「怪我をして大変なんだから、代わりに交渉してあげようか?」と言ってきたのです。
確かに精神的にも参っていますし、退院してからも少しは休みたいと考えていました。
また、義理の父は過去に交通事故における示談交渉を何度か経験した事があるようで、自分なら簡単に出来ると言ってきたのです。

ただ、任せるのは構いませんが、同居している訳でもなく、滅多に顔を合わせない他人に近い義理の父が言ってきたため、何となく不安を抱いています。
ちなみに、義理の父のような間柄であっても、示談交渉を任せる事は可能なのでしょうか?

【回答】
基本的に交通事故における示談交渉は、当事者が認めるのであれば、仮に他人であったとしても、任せる事は可能です。
しかしそこには条件があり、弁護士以外は金銭等の対価を得る事は禁止されているため、お金のやりとり等をするのは認められません。
そのため、無償で義理のお父様が対応してくれる事、そして質問者様の許可が必要です。

しかし、相手の保険会社からすれば、示談交渉の相手は当事者が最も優先度の高い人で、次に同居している家族、そして同居する家族がいない場合には親子などの親族と考えられます。
そういった当事者に近い間柄でなければ、無断で示談交渉が行われたなどの、問題が発生する可能性が少なからずあると考えられます。

仮に義理のお父様に任せるとしましても、ご質問様に注意していただきたいのは、自分で交渉するよりも示談金が少なくなったり、保険金を持ち逃げされたりする事です。
完全な他人ではなくご親族の方である事から、こういった疑いをかけたくない事ではあるものの、ご面識が薄い間柄という事でしたので、念のための注意喚起でございます。

交通事故の示談交渉を他人へ安易に任せてしまうのは、少々危険であるため、もし、ご自身ではなく他の方に任せたいのであれば、弁護士が得策です。
裁判所基準で慰謝料を請求できたり、その他の手続きを代行してくれたりする利点があるため、一般の方よりも信頼性が高いと考えられます。

ご相談フォームはこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故に関するQ&A