裁判で保険会社と争う際には弁護士へご依頼を!

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 アディーレ法律事務所の業務停止でお困りの方へ 当弁護士団のシンポジウム 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故に関するQ&A

保険会社が裁判で争うと言ってきた場合どうすれば良い?

7

【質問】
会社からの帰宅途中で横断歩道を歩行中に、左折してきた自動車に巻き込まれる事故に遭いました。

右足を骨折したため2カ月入院をして半年間通院後、症状固定したのですが、保険会社と示談交渉でもめています。

自分なりに裁判の判例や交通事故に関する書籍を読んで、保険会社と交渉をしているのですが、保険会社が提示する金額と私が計算した金額とでは3倍以上の開きがありました。
保険担当者とは示談交渉を重ねてきましたが、最終的には保険会社の方から「これ以上は裁判で争うことになります」と言われました。

私としては裁判までは考えておらず、なるべく話し合いだけですませたかったため、どうしたらよいか悩んでいます。
保険会社が言うように、弁護士を雇ってまで裁判をした方が良いのでしょうか?
それとも、大幅に譲歩して示談に応じる方が良いのでしょうか?

【回答】
交通事故の示談交渉を保険会社とする際には、各保険会社が内部で定めている上限を超える請求の場合には、「裁判してください」と保険会社から言われることがあります。

保険会社が内部で規定している上限は、裁判所の基準よりもはるかに低いことが多く、一般の方が裁判所の判例基準で請求をしても承諾することはありません。
保険会社からすれば、「裁判と言われれば、ほとんどの一般人はあきらめて示談に応じるから、裁判となった人にだけ裁判所の判決での金額を支払えば良い」という方針なので、一般人が示談交渉を重ねてもある一定額を超えることはありません。

そのため、保険会社の担当も勝手に、内部規定の上限を超えて保険金の支払いをするわけにもいかないため、会社が納得する「裁判での請求にしてください」と言う他がないという理由があります。

では、本当に裁判をしなければ、判例基準に近い金額が受け取れないかというとそうでもありません。
弁護士が示談交渉を行えば、裁判をするまでもなく判例基準に近い保険金を支払うことがほとんどです。

これはなぜかというと、弁護士は法のプロであり裁判も辞さないこともあるため、保険会社の方も「弁護士が介入して、裁判となって判例基準の支払いをしなければいけないのであれば、示談で済ませておけば裁判費用が掛からなくて済む」と考えるためです。

もし、保険会社の示談金額に不満があり、弁護士費用のことを考えても大幅な上昇が見込める場合には、素直に弁護士に依頼をする方がいいでしょう。

ご相談フォームはこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故に関するQ&A