交通事故による怪我で生活費に困った場合には?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故に関するQ&A

交通事故が原因で休業に…生活費の先払いは可能?

1

【質問】
1か月前に交通事故に遭い、足を骨折してしまいました。
私は建築関係の仕事をしており、いわば体が資本である仕事をしていたのですが、足を骨折した以上、仕事を休む事を余儀なくされたのです。
当然、その間は給料が発生しませんので、正直なところ、とても生活が苦しい状況です。

回復に専念できる分、会社からお休みを頂けているのは非常に嬉しいのですが、完治するまで復帰する事ができませんので、生活費など金銭的な部分をとても心配に思います。

そこで考えたのですが、この先、示談をして最終的に賠償金を私が受け取る形になるかとは思いますが、そのお金を先に頂き、生活費にあてる事は出来ないのでしょうか?
このままですと、賠償金云々より先に、生活費が足りなくて私の生活がメチャクチャになってしまうと思います。

結婚をしていないため、妻が支えてくれるという状況ではありませんし、上京している事から実家も遠く、助けてくれるような人が身近にいません。
交通事故で私のような状況になる人は決して少なくないかと思いますが、どう対処すればよろしいのか、アドバイスをお願いします。


【回答】
交通事故における損害賠償金が支払われるまでには、ある程度の時間を必要としてしまいます。
骨折となりますと、やはり完治するまで治療や通院を続ける事になるかと思いますし、その上で示談交渉に進んで行く流れになります。

ご質問者様のように、交通事故で仕事を休んだり、通院を理由に早退されたりする方は少なくありませんが、そういった方々はまず、休業損害を請求されます。
休業損害は自賠保険ですと原則1日5,700円で、立証できる資料があり、それ以上の収入を証明できる場合には1日上限19,000円が支払われます。

また、この休業損害に関しましては、加害者側の保険会社に相談する事で、いくらか先払いしてもらう事が可能です。
交渉次第ではありますが、休業損害の請求書を用意してもらい、それを保険会社に送る事で、指定の口座に振り込みが行われます。

あるいは、自賠責保険の仮渡金制度を利用するのも一つの手段です。
ただ条件が存在しまして、入院が必要で、かつ30日以上医師による治療が必要である場合に、20万円の支払いを受け取る事ができます。
自賠責保険の場合、上限である120万円を超えない限りは何度でも請求できるため、有効利用されるべきです。

また、慰謝料の増額を図る場合には、弁護士に依頼するのも良いでしょう。
さらに弁護士に用件を伝えれば、生活費を補填するため、仮払いの手続きも代行して交渉してもらえます。

ご相談フォームはこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故に関するQ&A