交通事故の示談交渉では相手が嘘を言ってくる場合も…

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故に関するQ&A

示談時に相手が交通事故状況について嘘をついてきたら?

1

【質問】
昨年5月に四輪自動車同士の交通事故を起こしました。
優先道路から右折してきた相手の車に、わき道から直進しようとしていた私の車が前に出過ぎて衝突し、互いの車が少し凹んだ程度です。
特に怪我はないようで、一応警察に届けましたが、互いの保険会社を通して示談を進めるつもりでいました。

後になって相手の方が首に痛みを感じて、3ヶ月ほど通院治療をしたと聞き、その治療費を賠償金に含めることも、私の方に過失が多いことも覚悟していました。
が、いざ保険会社の担当者から話を聞いてみると、相手の方が交通事故状況について事実とは異なる嘘の主張をしているようなのです。

交通事故当時お互いの車が動いていたのに、示談時に相手の方は「自分の車は右折しようと停車していた。そこに車が突っ込んできた」「9:1(私が9)で納得してほしい」と言ってきたとのことです。
道路状況や車の傷の状態からそんなことはありえないと話すと、「裁判にしてもいい」「目撃者がいる」などと言っているそうですが、具体的なことは言ってきません。
突然そんな嘘をついてくることに困惑しています。
相手の車にも自分の車にもドライブレコーダーはついておらず、水掛け論になっています。
どうすればいいのでしょうか?

【回答】
交通事故について双方の主張がくい違っていたり、交通事故の相手が主張をひるがえして嘘をついてくることは珍しくなく、車の停止については、なかでもよく示談で争われる点です。
このようなトラブルの可能性を考えて、ちょっとした交通事故だと思っても示談に備えてきちんと処理を進めることが大切です。

ドライブレコーダーがないということなので、次に確認したい客観的証拠は警察に届け出た際に作成した書類ですが、物損事故として届け出していると実況見分調書が作成されません。
人身事故の届け出をしておくことで調書が作成され、このようなトラブルになった際に改めて証拠とすることができます。
交通事故現場が大通りや店舗近くであれば、防犯カメラに交通事故映像が残されている可能性があり、所有者に頼んで見せてもらえる場合があります。
現場付近の住民に話を聞いて、目撃証言を映像や書面で準備するという方法もあります。
防犯カメラの映像は一定期間で消去されますし、目撃者の記憶は時間とともに薄れがちなので、こういった行動は早ければ早いほどいいのです。

仕事をしながら、保険会社の対応や嘘を覆すための証拠集めをするのは大変だと思います。
交通事故トラブルを得意とする弁護士に相談し、適切なアドバイスを受けることをおすすめします。

ご相談フォームはこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故に関するQ&A